サラリーマンの副業でおすすめや会社にバレないために必要なことは?

サラリーマン 副業 おすすめ

こんにちは!でっちんです!

記事をご覧頂きましてありがとうございます。

この記事では『サラリーマンの副業でおすすめや会社にバレないために必要なことは?』をテーマにお届けします。

サラリーマンにおすすめする副業のメリットデメリットと、僕が副業をすすめる理由について詳しく解説していきます。

サラリーマンに副業をおすすめする理由とは?

僕がいつも『お金を稼ぐスキルを身につけましょう!』『収入の柱を増やしましょう!』とお伝えしている理由を詳しく解説していきます。

給与だけでは生活できない状態に…。

サラリーマン 副業
出典:http://fukupon.jp/statistics/13111621.php

まずは、上記の画像をご覧ください。見ていただくと一目瞭然ですが、これは1997年から2013年までのサラリーマンの年収推移を現したグラブになります。

下がり続けていることも当然ですが、特に2009年にはサラリーマンの年収が急降下している事が分かります。これは、そう2008年に突如起こったリーマンショックによる影響が大きかったことを示しています。

その後、少しだけ回復の兆しを見せているようにも見えますが、2008年以前の平均年収である430万円には程遠い数値となっています。

さらに、このグラフには表れていない税金の部分なのですが、少子高齢化の影響もあり、特にサラリーマンから徴収される税金は年々上昇の一途を辿っています。

給与明細をちゃんと保管していますか?もしあるのであれば、数年前からチェックしてみて下さい。毎月ひかれている税金が、どんどん増えていっているはずです。

さらに消費税の増税も追い打ちをかけて、年収が減っているにも関わらず、税金も増えているので、手取り額はどんどん減少しているのです。

じゃあ、年収が減っているから、支出を減らせばよいか!って言っても、そうはいきません。

必要最低限の支出はかかってきますし、どんどん増えている支出があることをご存知でしょうか?

二大支出は【子ども】と【親】です!

サラリーマンの二大支出といえば、子供の教育費と親の介護費用になります。

子供に関しては「子供は大学まで進学させるのが当然であり常識」だという社会的な風潮がありますよね?当然ですが、大学まで進学させるためにはそれなりのお金(支出)が必要となってきます。

そして、医療の進歩により親の平均寿命が延びていることも支出に影響が当然あります。自分で面倒も見るにしても、施設に預けるにしても結局はお金が必要になるので、介護にも莫大なお金が必要なんです。

いつまでの健康で元気でいてくれればよいのですが、全員がそういうわけにもいかないですからね。

子供の教育費はいくら必要?

では、子供の教育費には、いったいいくら位必要になるのでしょうか?

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてみて下さい。

子育て費用の内訳や適切な年収は一体いくら必要・・・?!

2016.04.05

記事でも解説している通り、全て公立の学校で進学したとしても、子供一人を大学卒業まで育てる場合は3000万円が必要になってくるということですね。

一般的なサラリーマン男性の生涯年収が2億〜2億5千万円と言われていますから、生涯年収の最低でも1割程度は子供のために使用するということになりそうです。

しかもこれ、子供一人につきですからね…二人だったら倍、三人だったら三倍!!!(単純に倍倍にはなりませんけどね。)

そしてこれも記事にあるとおり、子供を育てるために必要な年収も役500万円であることが分かっています。

あれ…?そうです、先ほどのサラリーマンの平均編集のグラフにあった通り、現在のサラリーマンの平均年収は400万円台前半です。

完全に…子育てに必要な年収に達していないです…。子供を産む余裕がない!と言っている若者が増えるのも頷けますよね。

親の介護にはいくら必要?

次に親の介護費用について見ていきましょう!両親のどちらかに介護が必要になったケースですね。

介護方法により料金は異なります。

在宅介護 平均7万円/月
施設介護(特別養護老人ホーム) 5万円〜10万円/月
施設介護(常駐スタッフサービス付き) 10万円〜25万円/月

 

在宅介護は、特別養護老人ホームは倍率が非常に厳しく入力することは極めて難しくなります。

かといって、常駐スタッフサービス付きの施設に預けるとなると、非常に高額となるため、支払えないケースが多くなります。

そのため、家族の協力(奥さんなど)を得て、在宅介護を選択する過程が非常に多いのですが、それでも7万円を支出がありますから、大変ですよね。

あなたは給与から毎月7万円の天引きがあっても生活できますか?厳しい方が多いのではないでしょうか?

親もサラリーマンとして働いてきていて、年金を満額もらえていたり、貯金が沢山あれば問題はないのですがそんな家庭ばかりではありません。

さらに、在宅介護の場合には、非常に大きな問題点があります。

それば【認知症】になった親の介護をどうするのか?という点です。初期段階なら良いのですが、症状がひどくなると、とても素人では対処できる状態ではなくなってきます。

そうなると、施設に預けるしかないのですが、お金がないと預けることもできない。親を施設にあずける預けない、お金を誰が出すのか?といった問題で兄弟が喧嘩になり、疎遠になったケースを何件も見てきました。

そして最も問題なのが、会社に依存して生きることの恐ろしさなんです…。

会社はあなたを絶対に助けない!

給与が減り続けている事、そして子育てや介護にお金が必要である事、これらも当然ですが副業をおすすめする理由の一つです。

しかし、本質ではありません。

何故なら、もし過去のように、終身雇用制度が保証されていて、不祥事や事件を起こさない限り定年まで安泰で年を重ねるごとに昇給もして給与も少しずつでも上がり続ける。

という状態であれば、多少お金が足らなくても、節約すれば何とかなりました。

しかし、時代は激変し、終身雇用制後は完全に崩壊。

誰もが憧れる大企業であっても倒産目前まで追い込まれるニュースも頻繁に見るようになってきました。

また、リストラに関するニュースも年々増えていますよね?その大きな原因となっているのが、長引いている不景気です。

年収が下がり続けているということは、景気が回復していないということを示している訳ですから、今後もこの傾向は変わることはないでしょう。

会社が社員(サラリーマン)のリストラを決断するのは人○○○減!

2016.03.11

そして上記にも記載している通り、大企業はシステム化を進めて今までは人が行っていた作業を、機械化することで、リストラを進めています。

イイですか?ここからが最も重要なポイントになります。

会社はあなたの事を守ってはくれません。簡単にポイ捨てです。

僕の会社、というか、業界はシステムエンジニアなのですが、長時間残業が当たり前の業界になります。

精神が病んでしまい、うつ病になってしまう人が非常に多いのです。そうなると、会社はどういった行動に出るかわかりますか?

自社都合による退職というなのクビ切りをします。

あなたは、明日急に会社を首になったり倒産しても、生活に困らない自身はありますか?しばらくの間、生活出来るだけの貯蓄はありますか?

もし。ちょっとでも不安があるのであれば、会社の給与だけに依存している現状から脱出しなければいけません。

そのために必要なこと、それは副業をして会社からの給与以外の収入減を得る。これしかありません。

ただし、副業をする際には注意しなければいけない部分があります。

サラリーマンの副業で注意するポイント

サラリーマンの方であれば、何となくイメージが沸くと思いますが、副業をしていることが会社にバレないように気をつけなければいけません。

多くの方は、サラリーマンの給与に+αの収入を得る事が目的だと思います。そうなると、会社の給与がある事が前提だと思うので、副業が会社にバレてしまい退職することになってしまう事は避ける必要があります。

副業がばれてしまい、会社を退職される方も多くいますので、その点は注意していきましょう。

サラリーマンを続けながら、こっそり副業を続けるためには次のポイントが重要となります。

就業規則は必ずチェック!

まず始めにチェックしなくてはいけないのが、会社の就業規則です。

公務員の副業が禁止されていることは有名なので知っている方も多いのではないでしょうか?そして公務員以外のサラリーマンの場合は、副業の扱いはどうなっているのでしょうか?

そこでチェックしないといけないので、会社の就業規定にある副業の規定です。会社の副業規定で副業が禁止されている場合は副業は出来ません。

そして、僕が調べている限り、副業を許している会社はほとんどありません。要するにほとんどの会社が副業を禁止しているという訳です。

そうなると、会社にバレないようにコッソリと副業をするケースが多いと思うのですが、あなたが知らないある事がキッカケで会社に副業がバレてしまうケースがあるんです…。

というか…生活するために必要な年収がもらえない…いつでも簡単に社員をクビにする…それなのに副業は禁止って…会社って鬼畜以外の何物でもありませんよね…。

副業はこんなことで会社にバレる!

サラリーマンの副業で会社にバレる危険性…それが住民税の金額なんです。

もし、あなたが副業をしていてある程度の報酬を得ているのであれば、確定申告が必要である事を知っているかもしれませんね。

そうなんです、サラリーマンの給与以外に年間20万円の収入がある場合、確定申告が必要なんです。

気を付けないといけないのが、年収があがるということは、それに比例して税金が高くなるということです。

給与から天引きされているのは所得税と住民税がありますが、副業では住民税に着目してください。

この住民税は前年の年収に応じて支払う金額が上下するというものになります。

例えば、あなたが副業で年間50万円を稼いで、給与で400万円の収入があったとします。それで確定申告をした場合は、会社員の年収(400万円) + 副業の収入(50万円) = 本当の年収(450万円)となります。

要するに、会社員だけの年収よりも多い住民税を支払わなければいけないのです。

本来だと400万円から算出した住民税となるはずが、副業の収入を足した450万円から算出した住民税を支払わなければいけないのです。

ここで注目したいのが、社員の住民税は会社の経理や総務がチェックする危険性があるということです。

「あれ…?同じ役職なのに、この人だけ住民税が高いのはなんでだろう…。」と気付かれる危険性があるのです。

こうしたちょっとしたキッカケから、会社にバレてしまう可能性があるのです。

これを避けるためには、奥さんや家族名義の口座を使うなどの対策が必要です。

次からは、サラリーマンに人気の王道副業について、詳しく見て行きましょう。

王道の副業ジャンルのメリット・デメリット

サラリーマンの副業を調べた場合、王道と呼ばれる副業が存在しています。それが『投資』『アルバイト』『ネットビジネス』の3種類になります。

それぞれの副業にはメリットとデメリットが存在していますので、詳しく解説していきますね。

投資のメリットデメリットとは?

まず始めにご紹介する副業ジャンルは投資になります。投資といっても、そのジャンルの中にも様々な種類があるのですが、全てを説明すると大変な時間が必要になるので、今回は簡単に説明しますね。

この記事における投資とは『お金を使ってお金を生み出すこと』と定義します。あなたのお金を使い、お金に働いてもらうということを指しています。

投資といえば、不動産投資、株式投資、先物投資、FXなどの種類が存在しています。

投資のメリット

投資のメリットといえば、何といっても大きなお金を得ることが出来るという点です。

その理由は投資の特徴にあるのですが、簡単に言ってしまうと、それぞれの投資のルールに基づいて『レバレッジ』をかけることができるからです。

レバレッジとは、一言でいうとテコの原理の事で、例えば5倍のレバレッジの場合は、100万円の資金を投入した場合、500万円分の投資ができることを意味しています。

分かりやすい例で言うと、不動産投資があります。一般的に不動産投資の場合は、投資額の20%を頭金として用意して(現金で)、残りの80%を銀行で融資をしてもらい支払うケースが多いんです。

この場合は、20%のお金を使い、100%のお金を動かしていると言えます。つまり、5倍のレバレッジをかけているのです。

これが、FXの場合、個人だと最大で25倍のレバレッジをかけることができます。つまり、4万円のお金があれば、100万円を動かすことができる、ということになるんです。

自己資金以上のお金を動かすことができるのが投資最大の特徴であり、大きなお金であればあるほど、リターンも多きくなりやすいのです。

投資のデメリット

投資のデメリットは、何といってもリスクがあるという事です。

副業をして副収入を得ようと思っているのに、結果的にお金を失う可能性や借金を抱えてしまう可能性もあるんです。

投資以外の副業の場合は、少なくともお金を失う可能性はほぼありません。

しかし、投資の場合はそれが起こりうる話なのです。むしろ、不動産投資やFXでレバレッジをかけて投資をした結果、残ったのは莫大な借金だけだった…という事もあり得ます。

メリットの所で気付いた方もいると思いますが、レバレッジをかけるということはリスクを背負うことを意味しています。

あなたの初期投資資金が100万円の場合、例えば2倍のレバレッジをかけれ200万円のお金を動かして投資した場合、最大で200万円を失う可能性があるということを忘れてはいけないのです。

要するに100万円を借金があなたに降りかかるのです。

サラリーマンの副業に投資はおすすめ?

結論から言うと、投資はサラリーマンの副業にはおすすめしません。特に、初期投資資金が少ないサラリーマンの副業にはおすすめできないと断言できます。

資金に余裕があり、レバレッジを掛けなくても余剰金で投資ができるというのであれば、投資を勉強してもよいでしょう。

しかし、このページを読んでいるあなたも、僕も最初はそうでしたが、少しの副収入が欲しくて副業を探していますよね?

要するに、それほどお金に余裕はないはずです。

投資は考え方によってはギャンブルです。ですから、お金に余裕がない状態で手を出してはいけません。

アルバイトのメリットデメリットとは?

これが一番オーソドックスでしょうか?次にご紹介するサラリーマンの王道副業が『アルバイト』になります。

当然、サラリーマンですから、平日の昼間は本業があるので、出社前の早朝か、定時後の夜から朝までの時間を使い働くということになります。

僕の周りにも、夜の居酒屋や、ビルの清掃を早朝に行っている友人がいたように、意外と募集は多くあります。

アルバイトのメリット

収入の予定を立てることができる。これがアルバイト最大のメリットになります。

アルバイトでは、ほとんどの場合が時給制もしくは日給制となります。

これはつまり、働いた分だけお金を受け取る事ができることを意味しているんです。

何時間働いたからいくらの収入がある。これを事前に知ることができる副業は、アルバイトだけのメリットです。

アルバイトのデメリット

デメリットとしては大きく稼ぐことはできないこと、そして体力に自信がないと体を壊す可能性があること、働き続けないと収入はなくなることになります。

求人広告を調べてもらうとすぐにわかると思いますが、時給には限界があります。夜中の時給が良い時間帯だとしても1200円が限界でしょうか?そして働ける時間にも限りがあるのもポイントです。

アルバイトは、あなたの時間を差し出して働くことで、給与を得るものですから「時間 × 時給 = 収入」の構図が成り立ちます。

先ほどお伝えした僕の知り合いも、アルバイトをして2か月ほどで体調を壊してアルバイトを辞めていました。本業の後や前にアルバイトするという事は、想像以上に大変なものです。

サラリーマンの副業にアルバイトはおすすめ?

これも投資と同様におすすめできません。

「どうしても、来月までにあと3万円が必要なんだ!」といった切迫した状況であれば、短期のアルバイトをすることはありかもしれません。

しかし、先ほどもお伝えしたように、長期間にわたって本業以外にアルバイトを継続することは、相当体力に自信がないと厳しいと言わざるを得ません。

働き続けないと収入が途切れるのもキツイポイントですからね。

ネットビジネスのメリットデメリットとは?

昔に比べて認知されてきたのがネットビジネスによるアルバイトではないでしょうか?

ネットビジネスにも色々な種類があるのですが、今回はアフィリエイトを例に出してメリット・デメリットを説明していきますね。

アフィリエイトのメリット

アフィリエイトのメリットはなんといっても初期投資0で始めることができる点です。

この記事を読んでいるということは、あなたはインターネット環境をすでに入手しているはずです。

であれば、無料ブログを立ち上げて記事を更新していくだけで、アフィリエイトを始めることが出来てしまいます。

そしてアルバイトと違い、時給という概念はありません。

ですから、稼げる媒体を作りさえすれば、大きく稼ぐ事も可能になってきます。

時給1万円、いや時給10万円なんてことも全然夢ではないのです。

そしてもう一つの大きな特徴というのが、ネット上に資産を構築することができる点です。

例えば、ブログアフィリエイトの場合、稼げるブログを作ってしまえば、ある程度放置していても、自動で稼ぎ続けてくれるブログとなります。

これは、先ほどのアルバイトではありえないことですよね?

アフィリエイトのデメリット

アルバイトのメリットとは真逆なのですが、収入の予定を立てることが出来ないというのが、アフィリエイト最大のデメリットとなります。

先ほどメリットで説明した大きく稼ぐ事も可能という点、裏を返すと、それを作るまでは1円も稼げない期間が存在するのです。

簡単にいうと、時給0円の期間が必ず存在するということを指しているんです。

アフィリエイトに挑戦した95%以上の人が、1か月に5000円以上も稼げていないという現実があるのですが、その大きな原因の一つが、時給0円の時代を耐えることができないことが原因なのです。

サラリーマンの副業にアフィリエイトはおすすめ?

サラリーマンの王道副業3つの中で、唯一おすすめできるのが、このアフィリエイトになります。

スキルを身に付けることで、大きく稼ぎながら、資産を増やすことも可能なので自動で現金が発生する仕組みを作り出すことも可能です。

サラリーマンという、限られた時間しか副業に充てることができない職業の場合、ある程度の期間は頑張って(スキルを身に付けて)その後は、自動化してお金を稼ぐ方法が最もおすすめです。

確かに、時給0円の時代はありますし、つらい期間は存在します。

それでも、例え稼げなかったとしても投資のように借金を抱えるリスクは全くありません。

リスクがなく始めることが出来て、アルバイトのような労働型収入でもないので圧倒的に稼ぐ事も可能で、さらに自動化も可能。

これがサラリーマンの副業としてアフィリエイトをおすすめする理由です。

まとめ

いかがでしたか?

会社に依存する事が危険な時代になった現代では、収入の柱を会社の給与以外に確保する事が必須です。

そして、そのために最もおすすめな副業がアフィリエイトであるとご紹介しました。

このサイトでは、激務サラリーマンがアフィリエイトで収入の柱を得たノウハウをお伝えしています。

また、完全無料のメルマガでは、ブログでは語ることのできないアフィリエイトで稼ぐ方法を具体的かつ分かりやすく解説しています。

完全無料のメールマガジンを購読してみる!

最新ノウハウもメルマガでいち早く公開しますので、是非チェックしてみて下さい。

でっちん 公式メールマガジン

1 個のコメント

  • でっちんさん、こんにちは~MONです。

    少し前までは確定申告の時に使い分けができていたと
    思いますが、マイナンバーとかでどうなるんでしょうね。

    副業ダメ気になる一つです。
    応援完了です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です