コピーライティング講座〜第7回〜「逆説」を唱えて信頼性をゲット!

コピーライティング 逆説 信頼性

この記事のライター
こんにちは、でっちんです。

今回の記事では、コピーライティング講座〜第7回〜「逆説」を唱えて信頼性をゲット!について詳しく解説しました。

本日も楽しくビジネスを学んでいきましょう!

サイト管理人の存在を知らない方はプロフィールを参考にしてください。

>>回覧注意のプロフィール

今回お伝えするコピーライティングテクニックは、神話の逆説を唱える方法です。

興味がながったり、薄かったりするユーザーを、一気に引きこんでしまう、そんなテクニックとなっていますので、是非参考にしてみてください。

 

動画にて詳細にお伝えしていますので、是非ご覧ください。

動画をご覧いただけない方は、以下の記事をどうぞ!

神話をブチ壊す!!

コピーライティング 逆説 信頼性

 

どの業界、どの世界にも必ず神話が存在しています。神話とは、つまり常識だと思いこまれている通説のことです。

 

例えば、権威性の所でもお伝えしている『医者の言う事は正しい』ということも神話です。

 

また、『ダイエットの基本はご飯の量を減らす』というのだって神話です。

 

さらに、『一流企業に就職すれば一生安泰』という話だって神話です。

 

これらの逆説をあなたが唱えたとしたら、どうなると思いますか・・・?

 

逆説を唱えてみる!!

コピーライティング 逆説 信頼性

 

先ほどお伝えした3つの神話について

  • 『医者の言う事は正しい』
  • 『ダイエットの基本はご飯の量を減らす』
  • 『一流企業に就職すれば一生安泰』

1つ例を出して、逆説を唱えてみましょう。

 

例えば、『一流企業に就職すれば一生安泰』という神話に対して、『一流企業に就職することが人生転落のスタートである』という説を唱えたとしましょう。

 

この逆説を唱えるという手法は、信頼性を勝ち取る上で、非常に有効なテクニックとなります。

もちろん、その理由を分かりやすく、かつ論理的に説明する必要がありますが、人は常識だと思っていることを否定されると反応してしまう生き物なのです。

 

僕が良くお伝えしているサラリーマンをやりながら、副業で自ら稼ぐ力を付けた方が良いという話も、良い方を変えれば、『一流企業に就職すれば一生安泰』という神話の逆説を唱えている事になります。

 

人は当たり前、常識だと思っている事の逆を言われると、ビクンッと反応してしまうものです。

しかも、その根拠がしっかりと示されて、信頼出来るデータがあれば、信頼性は一気にアップします。

 

あと、先日凄く面白いなと思った広告がありました。その広告には・・・。

「痩せたいなら食べる量を減らすな!」

と書いてあったんです。

 

 

  • 『ダイエットの基本はご飯の量を減らす』

そしてカロリー制限をする、という神話を完全にブチ壊しています。

 

その内容とは、食べる量は減らさずに内容を少し見直す。そして、大事な事は基礎代謝をアップさせること、そして適せるな運動を行う事だったんですね。

これって実は、今まであったダイエット法となんら変わりは無いんです。

 

でも、「痩せたいなら食べる量を減らすな!」という逆説をキャッチコピーで使っていく事で、見事にユーザーの意識を捕える事に成功して言います。

 

恐らく、今まで食事制限によるダイエットに失敗してきた女性の多くは、ビクビクッとしながら、その広告を一字一句見逃すことなく最後まで読むはずです。

 

まとめ

今回お伝えしたユーザーの信頼を獲得するためのコピーライティングテクニックは、少し難易度が高いですが、代わりにそのい威力は強力です。

 

もし、あなたが何かの商品を開発して販売するとき、LPやセールスメールを作成する時には、この神話の逆説を唱えるというテクニックを是非使ってみて下さい。

 

ただし・・・正直な話ですが、コピーライティングだけではアフィリエイトで結果を出すことはムリです。

コピーライティングテクニックを使うブログであったりメルマガなどの媒体があって初めて威力を発揮するものです。

 

ブログやメルマガといった不労所得を生み出す魔法の杖を手に入れた状態で、コピーテクニックを学べば、僕のように激務のサラリーマンでも毎月50万円を”副業”で稼ぐことも可能となります。

 

そこで、ここまで読んでくれたあたなには、高額塾や高額コンサルでも決して教えることのない激ヤバテクニックを完全公開している僕のメールマガジンを期間限定で無料公開します!!

でっちん 公式メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です