コピーライティング講座〜第9回〜「想像力」を刺激してイメージさせる!

コピーライティング 想像力 イメージ

こんにちは、でっちんです!

記事をご覧頂きましてありがとうございます。

 

この記事では、

「コピーライティング講座〜第9回〜「想像力」を刺激してイメージさせる!」

についてお伝えします。

 

今回お伝えするコピーライティングテクニックは、読み手の脳にあなたが語ることをイメージさせるテクニックです。

あなたが思い描いた通りのイメージを読み手に与える事ができれば、あなたの主張はより信頼されるようになります。

 

より具体的にイメージさせるためには、読ませるのではなく見させるのです!

 

ちなみに、イメージは具体的、より具体的である方が効果を発揮し易くなります。

 

動画にて詳細にお伝えしていますので、是非ご覧ください。

動画をご覧いただけない方は、以下の記事をどうぞ!

読ませず見せて想像力を刺激せよ!

どれだけ口で説明されるよりも、見せられたら一発で信じてしまうもの。

 

ライバルがひしめくダイエット業界に殴り込みをかけて大成功したのが、ライザップです。

 

ライザップは、広告で″見せる″ことで、一気に有名になりました。

痩せる前と痩せた後の画像、ビフォーアフターです。この画像を使う事で、ダイエットに興味がある人に、今太っている自分と、痩せた未来の自分を想像させることに成功したのです。

 

こんな状態からこれだけの体に変わった、と言葉で伝えるよりも強烈です。一発で信頼します。

 

脳内でイメージさせる!

ブログアフィリエイトで、このテクニックを実践するのであれば、画像や動画を使っていきます。

 

見出し毎に、その見出しで解説している内容に沿った画像を貼り付けてあげます。

 

例えば、

  • 見出し① 骨盤ダイエットとは?
  • 見出し② 骨盤ダイエットの効果は?
  • 見出し③ 骨盤ダイエットのメリットは?
  • 見出し④ 骨盤ダイエットのデメリットは?
  • 見出し⑤ まとめ

とあった場合は、

 

①〜⑤までの見出しにあった画像を、見出しの下に入れてあげます。

 

こうする事で、読み手は一気にイメージすることが出来るので、信頼性がアップします。

 

具体的に、メカニズムを語る、というパートでも解説しましたが、読み手の信頼を獲得するためには、あなたが主張することを読み手の頭の中でイメージさせることが非常に重要です。

しかも、そのイメージは、具体的であればあるほど効果を発揮します。

 

そのイメージを簡単にさせる方法は、言葉、文章だけで伝えるのではなく画像、出来れば動画を使っていくということです。

 

まとめ

今回お伝えした「想像力」を刺激してイメージさせるテクニックはいかがでしたか・・・?

 

単純かつ簡単なテクニックになりますが、意外と強力な手法となります。

 

確かに、ブログの見出し毎に文脈に合っている画像を見つけてきて張り付ける行為は少し面倒ではあります。

しかし、その少しの面倒をするかしないか、それだけであなたが読み手から得られる信頼が劇的にアップすると言ったら・・・?

結果として、報酬額に直結するという事実を知ったら・・・?

 

是非、あなたのアフィリエイトに取り入れてみてくださいね!

 

ただし・・・残念な事をお伝えすると、コピーライティングだけではアフィリエイトで結果を出すことはムリです。

コピーライティングテクニックを使うブログであったりメルマガなどの媒体があって初めて威力を発揮するものです。

 

ブログやメルマガといった不労所得を生み出す魔法の杖を手に入れた状態で、コピーテクニックを学べば、僕のように激務のサラリーマンでも毎月50万円を”副業”で稼ぐことも可能となります。

 

そこで、ここまで読んでくれたあたなには、高額塾や高額コンサルでも決して教えることのない激ヤバテクニックを完全公開している僕のメールマガジンを期間限定で無料公開します!!

>>社畜奴隷がこっそり50万円の副収入を得ている裏ワザとは…?


このメルマガでは、全くのど素人でも3ヶ月で確実に10万円/月を稼げるようになる基本的なノウハウから、激ヤバノウハウも公開しています。


ちなみに…無料メルマガ登録で、以前29,800円で販売していた『常識破壊型成功マニュアル』を今だけ期間限定特典として29,800円⇒0円でプレゼントしています。



本日も最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

でっちん 公式メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>