ブログアフィリエイト 記事の冒頭部分(書き出し)書き方テクニック

 

全裸の女性とパンチラだったらどちらが好きですか?

もし、、この答えが間違ってしまうと、ブログアフィリエイトで稼ぐことは難しいでしょう。(答えは記事の後半で…。)

 

この記事では、ブログの記事作成における、冒頭部分(記事の書き出し)の書き方テクニックについて解説します。

 

実は、記事の冒頭部分に書く内容と、ユーザーの直帰率や滞在時間は密接に関わっています。

なぜなら、書き出しの部分でユーザーの心を「グッ」と掴めなければ、記事の続きを読む可能性が低いから。

続きを読まずに離脱すれば直帰率は上がり、滞在時間は下がります。

 

要するに、ユーザーから評価されていない(=Googleからも評価されない)可能性が高く、上位表示もできず稼ぐこともできません。

ですから、記事の冒頭部分(書き出し)は神経を集中させてリラックスした状態で書くべきです。

 

仕事から疲れ切って帰って、晩酌を一杯やった後ではなく、質の良い睡眠をとり頭がスッキリした朝に描くべきこと。

それくらい重要なパートだと認識してください。

 

記事の冒頭に書くべきこと、意識すべきことは全部で3つだけ。

これをしっかりと意識すれば、全裸とパンチラどちらが良いか?の答えが見えてきます。

 

得ることができる情報

ブログアフィリエイト 記事 冒頭部分 書き出し 書き方

 

1つ目は、”記事を読んで知ることができる(得れる)情報”を記載する。ということ。

これは、、、シンプルに考えてもらえれば大丈夫です。

 

まず、ユーザーがブログを見る理由はたった一つ。なにかの”情報”を知るためです。

 

あなたも、YahooやGoogleの検索エンジンでキーワードを入力して情報を調べた経験がありますよね?

要するに、キーワードを使い調べた結果から”何かの情報”を知ろうとしているのです、

 

ですから、その記事を読むことで知れる情報を明記してあげましょう。

 

例えば、タイトルが「ナンパの成功率をアップさせる3つのテクニック」=キーワード(ナンパ 成功率 アップ)なら、

この記事では、「ナンパの成功率をアップさせる3つのテクニック」というテーマでお届けします

といった形です。

 

特に難しく考える必要はありません。

記事を読み進めることでユーザーが知ることができる情報をシンプルに伝えます。

 

ただし、この例のようにタイトルを使って説明するためには、正しいタイトル付けを行い(キーワードが含まれて居る)、かつキャッチーである必要があります。

記事のタイトル付けに関しては、以下の記事で詳しく解説していますので是非チェックしてみてください。

>>記事のタイトル付けで犯してはいけないミスとは…?

 

記事を読むメリット

ブログアフィリエイト 記事 冒頭部分 書き出し 書き方

 

先ほどのシンプルな情報だけでも、キーワードによっては本文を読み進めてもらえる可能性もあります。

 

が、それだけだとちょっと弱いです。

その理由は、ユーザーはあなたの描いた記事、もっと言うとあなたのことを信頼していないから。

(特に、初めて訪問したユーザーの場合はそうです。)

 

ネットやSNSの普及により情報が溢れかえっている現代、ユーザーはとても忙しい状況です。そんな中、ユーザーに文章を読んでもらうためには、もう少し工夫が必要です。

 

その工夫が2つ目のポイント。「記事を読むメリット」を明記する、です。

もちろんユーザーにとってのメリットです。

 

メリットを書く意味は、ズバリ”ユーザーの興味を引く”こと。

 

例えば先ほどと同じく、「ナンパの成功率をアップさせる3つのテクニック」というタイトルの記事を書いていたとすると、

この記事では、ナンパ成功率をアップさせる3つのテクニックを元ホストがご紹介!そのテクニックとは、、初心者の成功率が80%もアップしたという激ヤバのテクニックです!(実際の実験結果)

というような形ですかね。

 

正直、この例はパッと思いついたのを書いたので、それほど良くはありません。

 

ただ、元ホストというナンパ慣れしている人(プロ)からテクニックを教わることができ、かつ初心者でも実践ができるテクニックであるということを明記することで、ナンパの方法を知りたいというユーザーにとってはメリットを感じることができる内容です。

 

1つの目”得ることができる情報”にプラスアルファで、読むことのメリットを書いてあげると、ユーザーの興味を引くことができます。

 

見せすぎない工夫を。

ブログアフィリエイト 記事 冒頭部分 書き出し 書き方

 

そして最後3つ目のポイントが”見せない工夫”です。見せすぎない工夫といったほうが良いかもしれません。

 

全裸の女性よりも、パンチラに興奮するように、、冒頭部分で答えを全て見せてしまってはダメです。

1つ目の知ることができる情報は概要であり、2つ目のメリットも答えではありません。

 

記事の冒頭部分で大事なことは、続きを読ませる工夫を入れるということです。

(これは冒頭部分だけではなく、文章の全てで意識する必要があるポイントです。)

 

先ほどまでの例と同じで「ナンパの成功率をアップさせる3つのテクニック」という記事の場合、

テクニック1つ目は、○○で2つ目が△△、そして3つ目が◆◆です。それぞれを解説しますね!

という形で、答えの全てを見せてしまうのは良くありません。

 

先ほどもお伝えした通り、ユーザーは忙しいのです。

あなたのブログに訪問した理由は情報を、答えを知りたいからです。

 

もし、あなたが親切心で答えを冒頭部分に書いてしまったら、ユーザーは即離脱してしまう可能性が高くなります。

 

もちろん、ユーザー目線の記事を考えた時に、無意味に答えを引っ張ることは良くありません。

し、それはユーザーをイライラさせる要因となるため、離脱する原因となり2度と訪問してくれなくなる危険性を秘めています。

 

ですから、大事なのはユーザーに満足してもらいつつも本文を読みすすめてもらう施策なのです。

例えば、記事の冒頭で答えは見せずに、そのキーワードで知りたい情報の補足情報(ユーザーが興味のある関連情報)を本文の中でしっかりと伝えます。

そして、最終的に本来の目的=答えを教えてあげるのです。

 

例えば、ナンパのテクニックを知りたいユーザーに対して、ナンパの穴場スポットやナンパに適した時間帯を補足情報として教えてあげるのは、とても有益です。

要するに、ユーザーが求めている情報となりますよね?

 

逆に、そのキーワードで訪れたユーザーが全く求めていない情報をツラツラと書いて答えを引っ張るのはナンセンスです。

 

ユーザーが本来求めている情報=答えは伝えつつも、補足情報として有益な情報を伝えることで本文を読み進めてもらう努力をする必要があるのです。

本文の書き方テクニックについては、以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてチェックしておいてください。

>>読まれる記事の書き方テクニックがヤバイ…?!(準備中…。)

 

まとめ

ブログアフィリエイト 記事 冒頭部分 書き出し 書き方

 

今回の記事では、記事の冒頭部分(書き出し)の書き方テクニックとして、3つのポイントについてご紹介しました。

これができていないブログはとても多いです。し、できていなければユーザー(見込み客)を逃すことになります。

 

タイトルにはしっかりとキーワードが含まれているのに、記事の書き出し(冒頭部分)では、キーワードとは関係ないことをツラツラと書いたり…。

これでは本文を読んでもらえませんし、リピーターにもなりません。

 

お伝えした3つのポイントは、、

  • 「得ることができる情報」
  • 「読むことのメリット」
  • 「見せすぎない工夫を。」

でしたね。

 

記事の冒頭部分で大事なことは、ユーザーに「オ!」と思わせ、心を「グッ」と掴み、脳を「ビクッ」と反応させて続きを読みたい状態にすること。

情報を伝えて、「オ!知りたいことが書いてありそうだ」と思ってもらい、メリットを書き「あれ、なんか知りたいこと以上の情報がありそうだと」とグッっと心を掴み、見せすぎない工夫でビクッと脳を反応させて続きを読ませる。

これが重要な考え方となります。

 

全裸よりもパンチラが良いのはチラ見せ、中身(続き)が気になるから。

初めからすべてを見せてしまっては好奇心を煽ることはできないのですから。

 

また‥今回お伝えしたテクニック以外にも、記事の冒頭部分で使えるテクニックは色々と存在しています。

特に強烈な手法を使えば、ユーザーの心を”ガチッ”と掴んで、確実に本文へと誘導することも可能です。

が、これはあまりにも効果が強いので、メルマガ読者限定でお伝えしています。もし、気になる方は以下から登録してみて下さいね。

でっちん 公式メールマガジン

2 件のコメント

  • こんにちは。

    3つのテクニックの中でも、
    特に見せすぎない工夫が勉強になり、そしてパンチラに笑わせていただきました(^^)

    ステキなヒントを与えてくださいありがとうございます(^^)

  • でっちんさん、こんばんは~MONです。
    冒頭が大事なのがよくわかりました。
    パンちらですね^^
    記事作成少しひねってみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です