村田諒太の世界戦から学ぶビジネスのヒントとは…?

アフィリエイト,ストーリー,共感

 

んにちは!本音でしか語ることができないでっちんです。

 

さて今回はこちら。

『村田諒太の世界戦から学ぶ

ビジネスのヒントとは…?

です。

 

もしあなたが、

ブログにアクセスがあるのに成果がでない・・・

や、

メルマガを発行しているのに、反応がない・・・

 

という悩みに心当たりがあるとしたら。

今回の記事を読み終わったあとには、間違いなく、今まで考えていた常識が破壊されます。

 

何故なら、今回の記事でお伝えすることはネットビジネスで稼いでいくうえで最も重要なテクニックの一つだから。

このテクニックはあまりにも危険であるため、記事の公開も数日でやめてしまうかもしれません。

 

信頼されるために最も必要なスキルは?

アフィリエイト,ストーリー,共感

それはストーリーを語るということ、

 

アフィリエイトであれ情報発信においても、ストーリーが大事だということは、何度もお伝えしていることなので、

でっちんさん、ストーリーが大事なのはわかってるからさ

と言われてしまいそうですね。

 

ただ、ちょっと待ってください。

 

確かに、ストーリーは欠かすことが出来ないスキルの一つです。

それは当たり前です。

 

何故なら、ビジネスの基本はユーザーに信頼してもらい行動してもらう必要があるから。

 

TVCMを流している大手企業でもない限り、ユーザーはあなたのことも、あなたが作成したブログの事も知りません。

なので、初めて目にした時には信頼をしていません。

 

信頼をしていない人からは物は買いません。それが例え無料レポートの登録だとしても。

だからこそ、まず我々が意識すべきことはユーザーに信頼してもらう努力をすること。

 

そこで1番手っ取り早く効果的なのが共感をしてもらうことなんです。

あ~、なるほど!こいつの言っていることなんか分かるわ~

ってな具合ですね。

 

その共感を呼び起こす唯一のスイッチこそが、このストーリーなのです。

 

 

ただ…ストーリーが大事だと言われてもイマイチピンとこない。

そう思っている方も多いと思います。

 

そうなんです。分かったつもりでも、以外と奥が深いのがこのテクニック。

 

正直、ストーリーを使ったテクニックを使いこなす事ができれば、

  • 宗教の教祖になることも、
  • 詐欺師になったり、
  • アフィリエイトでどんな高額商品を売ることも、

可能です。

 

そこで今回は、このストーリーがいかに大事なのか?

ストーリーを使った具体的なテクニックについて解説したいと思います。

 

一つだけ私に約束をしてください。

このテクニックを悪用しないことを。

 

それでは行きますね。

 

村田諒太から学ぶストーリーテクニック

アフィリエイト,ストーリー,共感

 

私はボクシングにあまり興味がありません。し、テレビはもっと興味がありません、というかほとんどみません。

しかし、つい先日のこと、とあるテレビ番組に釘付けでした。

 

そのテレビ番組こそ、5月20日に東京・有明コロシアムで開催された村田諒太エンダムの世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦です。

 

何故、その日に限ってテレビを付け、1時間以上もの間、それほど興味のないボクシングに夢中になっていたのか、あなたには分かりますか?

その理由は、村田諒太のストーリーを知ってしまったから。

 

試合当日、私はいつも通り家でアフィリエイトをしていました。

と、調べものをしようとYahooのトップページを開いた時、「村田諒太の世界戦は今夜!育ててくれた母に勝利をささげる!」的なニュースがトップにありました。

 

テレビを見ないとは言え、ネタを探すためにYahooなどは頻繁に見ていたため、村田諒太の世界戦が行われることはなんとなく知っていました。

がいつやるのか?相手は誰なのか?などまったく知らない状態。もちろん視聴する気はありませんでした。

 

で、その記事のタイトルが気になってニュースを開いてみると…そこには村田諒太の生い立ち、ボクシングを始めるまでからオリンピックで金メダルを獲得するまでが書かれていました。

 

簡単にいうと、彼の両親は離婚していて母子家庭。

貧しい暮らしで父親がいないこともあり、村田諒太の心はしだいに荒んでいき不良の道へ進んでいったといいます。

 

喧嘩に明け暮れる日々の中、中学校の担任に進められるがままボクシングを始めることに。

が、練習の厳しさに数日で挫折、また喧嘩を繰り返す日々に逆戻り。

 

そんなある日、違う学校の不良とタイマンを張って勝ったのですが、次の日学校に行くと自分が負けたという噂が広まっていたといいます。

これを聞いた彼は、こんな汚い世界で強さをアピールしても仕方がない。

 

ボクシングの世界で、リングの上で本当に強いことを認めさせる、そう決意し再びボクシングの世界に飛び込んだそう。

(うる覚えの部分があるので一部間違っている可能性はありますが、大枠はこんな感じ)

 

で、私は彼の人生=ストーリを読んで彼に共感をしてしまったわけです。

なんていえばいいんだろうか、心が震えるというか、、とにかく応援したくなっていたんです。

そしたら自然とテレビの部屋に移動して、リモコンを手に取り彼の試合にのめり込んでいました。

 

結局最終ラウンドまでもつれ込み、判定の末負けてしまったのですが…(どうみても村田諒が勝っていた試合だったので、別の意味で盛り上がっていますが、それは今回関係ないので割愛します。)

私は時間を忘れて最後まで、判定が決まって番組が数量するまで見続けていました。

 

共感とは、一気にファン化してしまう力を持っています。

今回の件であれば、私は村田諒太のファンになっていたわけです。

 

彼のストーリーには非常に共感できる部分が多くありました。

原因は違えど、グレて普通の人とは違う道を選択(私の場合はホストの世界)、一度は挫折して再び飛び込んだ世界で成功を掴む。(私の場合は、悪徳営業やアパレル、サラリーマンを経験後アフィリエイトに出会う)など。

自分の人生と重ね合わせることで、共感をしているんですね。

 

ストーリーテクニックの大きな勘違いとは?

アフィリエイト,ストーリー,共感

 

ストーリーを使ったテクニックが有効だと聞いたけど、どうやって実践したらよいか分からない…。

そんな悩みを抱えていませんか?

 

私も以前はこんなことを考えては手が止まっていた時期がありました。

万人が共感できるストーリーなんて持ってないよ…。

要するに、ユーザーの人生にガッチリ合致するストーリーを語らなければ意味がないと考えていたんです。

 

でも、実際は違いました。

この事実に気付いた時、「ガツンッ」とハンマーで脳天を思いっきり叩かれたような衝撃を受けたことを覚えています。

 

村田諒太の例でもお分かり頂けたと思いますが、全てのストーリーが合致しているから共感になりファンになったわけではありません。

ストーリーの中に共感できる部分があるかどうか

という点が重要であり、それをしっかりと語ることが大事なのです。

 

基本的に人が共感を覚えるストーリ構成は決まっています。

ストーリーテリング、神話の法則というものを聞いたことがある方も多いと思います。

少しコピーの勉強をしたことがあるなら、必ず聞くキーワードの一つです。

 

 

で、人の人生はその基本的なストーリー構成を繰り返しながら生きています。

これは間違いなく全員がそうです。

 

順風満帆になんの苦労もなく人生を謳歌できる人は一人もいないのです。

例え大金持ちだとしてもそれはそれで悩みもあるし挫折もします。

 

山あり谷ありの人生だからこそ、人の人生をストーリーを聞いた時に、自分の人生と重ね合わせて”共感”をし、のめり込みファンとなるんです。

感情が揺さぶられるのです。

 

ビジネス書が売れない理由

アフィリエイト,ストーリー,共感

 

小説がミリオンセラーを連発するのに、ビジネス書は10万部行けば大ヒットと言われる理由はなんだと思いますか?

そう、ストーリーがあるかどうかなんです。

 

ハリーポッターが全世界で大ヒットし4億5000万部以上も売れている理由は、ストーリーに共感しファンになっている人がいるから。

逆にビジネス書はストーリーが無いため、共感も出来ませんから簡単に言えば面白くないんです。

 

ストーリーを使ったマル秘テクニックとは?

アフィリエイト,ストーリー,共感

ストーリーと聞くと人生を語った壮大な物語をかたらないといけないのでは?と尻込みしてしまうかも知れませんね。

人生を語ることももちろん大事ですし、ストーリを語る上での基本です。

 

そして、ストーリーを使ったテクニックには他にも沢山のものがあります。

具体的に使えるテクニックをご紹介したいと思います。

 

例え話

アフィリエイト,ストーリー,共感

1つ目のテクニックが例え話を使った方法です。

ユーザーに共感してもらうテクニックの一つに、この例え話を使うというものがあります。

 

共感してもらうためには、こちらが伝えたいことを的確に伝える必要があり、そのためには分かりやすい言葉で文章を書く必要があるんです。

私が以前からお伝えしている”小学校6年生”でも分かる文章をかけ!という事に繋がってくる話です。

 

そんな時に使えるのが例え話。

 

 

『ブログアフィリエイトにおけるキーワードで重要なことは需要のあるキーワードを選定するスキルだ』という事を伝える記事を書いていたとします。そんな時には。

 

例えば、キーワード選定と募金は一緒です。1日の平均乗降者数が350万人前後もいる新宿で募金をするのと、北海道の最北端で募金をするならどっちが多くの募金を集めることが出来ますか?

当然、新宿ですよね?何故なら物理的な人の数が多いから。

 

といった感じで分かりやすい例を出して説明することで、ユーザーは具体的にイメージできるようになります。

このイメージをさせることが出来れば、あなたが伝えたいこと=ストーリーがしっかりと伝わり、共感してもらえる可能性が高くなります。

 

下ネタを語る理由とは…?

アフィリエイト,ストーリー,共感

 

 

何故私が下ネタを記事やメルマガに入れるか知っていますか?

 

ただエロいってだけではありません。

あーわかるわー!その瞬間w」という共感をしてもらい、最後まで読み進めてもらうためです。

 

少しのエロネタであっても、実際に体験したことをストーリーをして短い文章で伝えることで、それを読んだユーザーが自分も同じ経験をしていたり、同じような経験をしていたことを思い出し共感します。

 

ここで大事なのが、先ほども言った通り完璧に合致させる必要はないということ。

共感できる部分が少しでもあれば心を揺さぶることが出来ます。

 

(なんか、この人の言っていることは信頼できるかも)

と思ってもらえるのです。

 

その証拠に、これだけ下ネタ前回でメルマガを発行しているにも関わらず、女性読者からの返信も頻繁にあります。

私のターゲットは男性です。

 

コピースキルの一つとして、一人の人に語るように書け!というものがあり、私は35歳の子持ち家持ローンあり、10年サラリーマンを継続している関東近郊に住む男性を思い描きながらいつも記事やメルマガを書いています。

 

だから、そんな男性が「クスッ」と笑いながらも学べるようなコンテンツを、送るようにしている訳です。

ですが、こうして女性であっても共感をしてくれている訳です。

 

何故なら、私が語るストーリーに共感できる部分が少しでもあるからなんです。

物語を語るというスキルを知らずに下ネタだけを語っていてはただの変態です。

 

ですが、知っていれば、それはユーザーの心を揺さぶる武器になります。

 

まとめ

アフィリエイト,ストーリー,共感

私たちが行っているビジネスでは、ユーザーに行動してもらう必要があります。

ブログに張ったアフィリエイトリンクをクリックして広告主のサイトに飛び、クレジットカードを取り出して購入手続きをする。(メルマガでも一緒)

ここまで行動させることが出来て初めて報酬が発生します。

 

そして、そのブログでリンクをクリックするかどうかは、ユーザーがあなたの事を信頼しているか?に関わってきます。

その上で今回お伝えしたストーリーを使ったテクニックは最も強烈で効果的な方法です。

ストーリーに共感をすれば、一気にあなたを信頼しファンになりリピーターになってもらえる可能性が高くなります。

 

が、逆に共感をしてもらえなければあなたがいくら良い商品を紹介しても絶対に購入される事はありません。

なぜなら、あなたを信頼していないから。

 

今回お伝えしたテクニックや考え方は、今すぐにでも実践できる方法なので取り入れてみて下さいね!

更に、読者からの信頼を強固なものにし、行動させるテクニックについてはメルマガで公開していますので、気になる方は登録してみて下さいね。

ユーザーを信者化させる究極のテクニックだと…?▼▼

でっちん 公式メールマガジン

1 個のコメント

  • こんばんはhiroです^^
    はい!私は女性読者です!
    タイトルに魅かれ、
    文章の内容も女性が読んでも
    不快感はないので、
    読ませて頂いてます^^
    今後もストーリーのある文章で
    楽しく学ばして下さいね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です