読まれるブログ記事は見出しの使い方・書き方がポイント!

ネットビジネス,とは,初心者,種類,アフィリエイト,せどり,ツイッター,コピーライティング,セミナー,ネズミこ,怪しい,詐欺,成功,始め方

この記事のライター
こんにちは、でっちんです。

今回の記事では、読まれるブログ記事は見出しの使い方・書き方がポイント!について詳しくお伝えします。

本日も楽しくビジネスを学んでいきましょう!

サイト管理人の存在を知らない方はプロフィールを参考にしてください。

>>回覧注意のプロフィール

 

ブログの記事を最後まで読んでもらうには、読みやすさも大切なポイントです。

なぜなら、ユーザーに読みにくいと思われた時点で、離脱されてしまう可能性が非常に高いからです。

 

そんなブログ記事の読みやすさを決める1つのポイントが、今回の記事で解説する”見出し”です。

H1タグ、H2タグ、H3タグ、、などとも呼ばれたりしますが、この見出しを記事の中で効果的に使っていくことで、ユーザー目線で見たときの見やすさだったり、記事のまとまりが出ます。

 

見出しの効果的な使い方や重要性についてお伝えしていくので、是非最後まで読み進めてみてください!

 

見出しは記事内の目次

見出しとは、記事内の目次だと考えておけばOKです。

本にも目次がありますよね?

目次を見ることで、どこに何が書いてあるかが一目瞭然なので、自分が読みたい部分だけを読み進めることもできます。

一度読んだ後に、読み返したい箇所を見つけるのにも使えます。

見出しがなければ、どんなことがどこに書いてあるのかが分からないので、本の売り上げ自体も激減するでしょう。

なぜなら、自分が知りたい情報が書かれているか?を一瞬で知ることができないからです。

あなたもこんな経験はありませんか?

お目当ての本を探している時、目次部分を見てどんなことが書いてあるのかをチェックすることが。

ブログにおける見出しタグは、本の目次と全く同じ目的で設定するものです。

ユーザーがブログに訪れた時に、見出しを記事上に設定しておけば(プラグインで自動的に設置可能)この記事でどんなことが書いてあるのかが分かりますし、知りたい情報まで飛ぶことができるんです。

目次があるケースとないケースでは、滞在時間も直帰率も劇的に変わる(あるケースの方が圧倒的に良い数値を出す)ので、必ず設置しましょうね。

結局のところ、ユーザビリティ向上の一環として見出しタグを使っていくと言うわけです。(ユーザー目線で記事を書いていく、ブログ環境を整えることが大切。これが全てだということです。)

 

初心者でも簡単!ブログ見出しの書き方3ステップ

大中小の見出しを使い分ける

見出しには、H1、H2、H3、H4、、、という感じで色々な種類が存在していますが、通常H2タグから使っていくことになります。

H1はブログ記事のタイトルに使われるケースが多い(使用するワードプレスのテーマによって若干異なる)ので、H2タグから使用すれば問題ないでしょう。

H2タグ(大)見出しで記事の大枠を決めてから、H3(中見出し)、H4(小見出し)を使って細かく分類分けする感じですね。

例えば、この記事であれば、「ブログ記事 見出し 書き方」というキーワードで記事を書いています。

見出しの使い方がよく分からない、という方向けに、見出しを書くことの意味、実際の書き方・使い方を解説しています。

この記事の見出しは以下の通りです。

  • 見出しは記事内の目次
  • 初心者でも簡単!ブログ見出しの書き方3ステップ
  • 大中小の見出しを使い分ける
  • 見出し間の文字数を意識すること
  • 記事の流れを意識して見出しを考えること
  • 見出し作成→記事作成→見出し追加の流れ
  • まとめ

青字が大見出し(H2タグ)、黒字が中見出し(H3タグ)を使っています。

まず、見出しを使う意味、見出しの重要性をお伝えするために「見出しは記事内の目次」という見出しを使いました。

そして、次に見出しの書き方を具体的に解説して、見出しを決める順番を解説する流れです。

見出しの書き方に関しては、少しボリュームが多い為、中見出しを3つ使っています。

ちなみに、読まれる文章を書く時に、”3ステップ”や”簡単に”というキーワードはかなり重要なので覚えておきましょう。

こうして見出し(目次)を設定しておけば、ユーザー的にも知りたい情報がどこに書かれているのか?が一目でわかります。

また、記事を書く本人的にも頭の中を整理して書くことができるので、読みやすい文章を書くことができます。

見出しがない文章でも、コピースキルが高ければ読まれますが(濃いファンがいる場合もそう)基本的に見出しがなく文章がダラダラ続いていると読みにくいと一瞬で判断されてしまうので注意をしてください。

 

見出し間の文字数を意識すること

では、そんな小見出しを使うタイミングはどう判断すれば良いのでしょうか?

私が意識しているのは、見出し間の文字数が500文字以上にならないように注意することです。

なぜかというと、500文字を大幅に超えてしまうと呼んでいて疲れてしまうからです。

(ぱっと見たときに、ああ、なんか長い文章が書かれているな・・と感じられてしまいます。)

現代人は忙しいです。ですし、人は面倒なことが基本的には嫌いです。

端的に、答えだけを知りたいと思う生き物なので、文字がびっしりと並んだ記事というのは、よほどユーザーの悩みが深く無い限り(病気に関することだったり)読んではくれません。

なので、300文字ー500文字以内で1つの見出しを完結させて、それ以上になる場合は、小見出しを積極的に使っていくようにしています。

というか、普通に文章を書いていれば、何か1つのことを伝える場合、だいたい500文字以内の収まるものだったりします。

ですから、見出し間の文字数が大幅に500文字を超える場合、1つの見出し内で2つ以上のことを伝えようとしている可能性が高いです。

そんなときは、その2つを小見出しを使って解説してあげれば良いんですね。

 

この見出し間の文字数を意識するだけで、かなり読みやすい文章を書くことができますので、ぜひ意識してみてくださいね。

ただし、文字数を意識しすぎることはよくありません。

当然、500文字を1つの見出し内で超えることがありますから、多少の誤差は気にしなくてオッケーです。

あくまで”大幅に文字数を超える時だけ、小見出しは使えないか?を考える”癖をつけてみてくださいね。

 

記事の流れを意識して見出しを考えること

ブログの記事は、流れがとても大切です。

訪れたユーザーの満足度を高めるには、記事を最後まで読んでもらう必要がありますが、その流れが悪いと離脱される危険性を高めてしまいます。

まず、意識しなければいけないことは”ユーザーの悩みを解決すること”です。

ブログ記事が一番最初に達成すべきポイントはそこです。

ユーザーは、検索エンジンを使い、何かの悩みを抱えてブログの記事に訪れてきます。

先ほどの例でいうと「ブログ記事 見出し 書き方」のキーワードでこの記事に訪れるわけですから、見出しの書き方をしっかりと伝えてあげる必要があるんですね。

ここで、見出しのことがほとんど書かれていなかったり、SEO対策のことばっかりが書かれていたらどうでしょう?

「自分が知りたい情報は書かれていない」と思われて速攻で離脱してしまうでしょう。

効果的なのは、ユーザーが求めている答えを記事の冒頭部分に持ってくるということです。

この記事であれば、見出しの書き方を2つ目の大見出しに持ってきています。

最初にしなかった理由は、見出しを書くことを重要性を理解した上で書き方を説明したほうが、より理解度が増すと考えたからです。

(なぜ見出しが重要かわからずに読むより、SEO的にも、ユーザー満足度を高める上でも見出しが重要だと知ってもらえれば、真剣に読む確率がアップする。)

こうして、ユーザーが求めている答えを提示するのはもちろん、プラスアルファの情報を提示することで満足度を高めるのですが、その時に、答えをどこで提示するのか?など記事の流れを意識していきましょう。

 

記事執筆スピードアップ!見出しテクニック

先ほどは、見出しの書き方3ステップを解説しましたが、最後は実際に記事(見出し)を書く流れについてご紹介します。

ブログアフィリエイトを実践していると、記事作成のスピードが上がらない・・・という悩みを抱えている方も多いと思います。

副業で実践している場合、限られた時間の中で記事を書く必要があるため、文字を書くスピードを上げたいと思うのは必然です。

しかし、ユーザー満足度が高い品質の良い記事を書くには、相当の労力がかかりますし、記事の流れや伝えることを考えながら記事を書くと時間がかかってしまいます。

そこで、使えるテクニックこそ、今回ご紹介した見出しを使う方法です。

ブログの記事を書く際、見出しは記事を書く前に大枠を決めてしまいましょう。

キーワードに対する答えやプラスαの情報は何か?を自分の経験値から洗い出し、時にはライバルサイトから情報を抜き出して、見出しを考えてしまうのです。

大枠の見出しを考えた上で、記事を書き始めればかなり効率よく記事が書けるはずです。

流れとしては、見出し作成⇨記事執筆⇨見出し追加という流れです。

当然ですが、記事執筆中に小見出しが必要になれば追加しますし、大見出しが必要になるケースもあるでしょう。

記事執筆前に洗い出した見出しは、あくまでも骨組みなので、記事執筆をしながら完成させていくイメージで良いでしょう。

また、記事執筆のスピードを上げるには、書くことに慣れる必要もあります。

その意味でいうと、特に初心者の段階では”ライバルサイトのリライト+アルファ”でどんどん記事を書いていくことも大切です。

文章は書けば書いただけ上達しますし、スピードも上がります。

なので、リライトでもいいからどんどん記事を書く癖をつける、書くことが当たり前・習慣にしてしまうのがオススメです。

>>リライトの本当の意味を知っていますか?

上記の記事では、ブログ記事のリライトに関して詳しく解説をしています。

世間一般で伝わっているリライトって、実はそのほとんどが間違った手法だったります。

リライトではなく、コピペだと判断される危険性が高い手法で実践している方も多いので・・・ぜひ正しいリライトの方法を学んでみてくださいね!

 

まとめ

今回の記事では、ブログ記事の見出しを書くテクニックをお伝えしました。

見出しとは、記事内の目次のことです。

見出しがなければ、どこに何が書いてあるか分からないので、ユーザービリティ的にも良くありませんから、必ず見出しを設定しましょう。

(その見出しは、プラグインを使い記事の冒頭部分に表示してあげましょう。)

 

見出しの書き方3ステップとして詳しい使い方・書き方もお伝えしました。

この3つを意識して見出しを作成すれば、ユーザー満足度が高い記事を書くことができるようになりますので、ぜひ意識してみてください。

記事の執筆スピードを上げる意味でも、見出しはかなり重要なポイントです!

 

追伸:

あなたに質問があります。

激務の会社員がブログやインターネットを活用して、少ない作業量でも毎月100万円以上の副収入を稼いでいると言ったら、信じられますか?

「そんなの嘘に決まっている!怪しすぎる、この詐欺師!」

と思われるかもしれませんが、断言します。

「正しい手法で作業を継続すれば、誰にでも確実に実現可能です。」

 

しかも、ブッラク企業に勤める時間がほとんど無いサラリーマンでも、です。

そのための方法を、分かりやすく解説した、私の会員限定レポートを期間限定で無料プレゼントしています。

パソコン初心者であっても、文章を書くことが苦手だとしても、初心者が3ヶ月間で10万円の不労所得環境を構築する新手法のアフィリエイトブログ戦略について解説をしています。

 

アフィリエイトは飽和していてもう稼げない・・トレンドネタを追いかけ続ける日々に疲れた・・そんな悩みを抱えている方も多いかもしれませんが、このレポートを読めばきっと、

「あ!ブログアフィリエイトで稼ぐってこんなシンプルなことだったんだ!」

という事実を理解できるはずです。

間もなく無料プレゼント期間は終了しますので、今のうちにあなたもダウンロードして、隙間時間でも自宅でリスクなく稼ぐ為のスキル・知識・テクニックを全て習得しておいてください。

 

こちらから無料ダウンロード出来ます。

次世代資産型ブログアイフィエイト戦略とは?

 


でっちん 公式メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です