ワードプレスの記事投稿ページにYouTube動画を挿入する方法

ワードプレス,YouTube,動画,挿入,方法

 

この記事では『ワードプレスの記事投稿ページにYouTube動画を挿入する方法』について詳しく解説をします。

 

ワードプレスでブログ記事を書いていると、YouTube動画を挿入したい場面が多く出てきます。

記事を最後まで読み進めてもらうには、画像を使いイメージさせることも大切ですが、動画の方がよりイメージしやすく効果的なケースも多いです。

 

また、YouTubeの動画を記事内に挿入するとSEO効果も抜群だという検証結果も出ているので、その理由についても記事内で解説をしています。

 

もしあなたが、

  • 滞在時間が伸びずに悩んでいる
  • 直帰率が高すぎてどうすることもできない
  • 記事を書いても書いてもアクセスが集まらない

こんな悩みを1つでも抱えているなら、この記事を最後までチェックしてみて下さい。

読まれるブログ記事作成に関するテクニック集は以下の記事にまとめてありますので、どうぞ!

>>滞在時間↑↑直帰率↓↓ブログ記事作成テクニックとは?

 

ワードプレスでYouTube動画を挿入する手順

動画を挿入する場所を決める

 

YouTube公式サイトで動画を決定する

>>YouTube公式サイトへ

YouTubeの公式サイトに行くと検索窓があるので、挿入したい動画に関連するキーワードで検索する。

以下画像の例では、自宅でできる筋トレ動画を探している。

 

検索結果一覧に表示された動画の中から、イメージに一番合っている動画を選択する。

※ここでは実際にいくつかの動画をチェックしてみて下さい。商品を紹介しているだけの広告動画だったり、テキストが流れているエセ動画だったりするので必ず自分の目でチェックをしてイメージにあう動画を選ぶようにしましょう。

 

動画のコードを取得する

以下の手順で動画のコードを取得します。

まず、選択した動画の画面に遷移しますので、共有をクリックしてください。

 

共有のポップアップが表示されるので、埋め込むをクリックしてください。

 

埋め込みのポップアップが表示されるので、各種設定を行い、コピーをクリックしてください。

①開始位置:動画の開始位置を変更できますが、デフォルトで問題ありません。

②オプション設定:ここもデフォルトで問題ありません。

 

動画のコードをワードプレスに挿入する

ワードプレスの投稿ページでテキストタブを選択してください。

先ほど取得した動画を挿入する場所に貼り付けたら、ビジュアルタブに切り替えてみて下さい。

 

以下のようにYouTube動画が設定されれば無事にYouTube動画の挿入に成功です!!

 

YouTube動画でSEO対策できる理由とは?

それでは最後に、YouTube動画とSEO対策の関連性について解説をします。

 

SEO対策とは、簡単に説明すると

検索エンジンで上位表示をするための施策

です。

 

ブログにユーザーを呼び込むには、検索エンジン(Google、Yahoo!など)で狙ったキーワードで検索をした時に、自分が書いた記事を上位に表示させることが一番重要です。

 

例えば、どーーしてもナンパを成功させたいけど、何度やっても失敗しているとします。あなたがですよ。

そんな時、多くの人はGoogle先生に「素人 ナンパ 方法」などとキーワードを入れて検索をします。

 

この時に、あなたが構築しているブログに「素人 ナンパ 方法」のキーワードを狙った記事が書いてあって、検索エンジンの1ページ目に表示されれば、ユーザーに訪れてもらえる可能性が高くなります。

ここで、当然上位であれば上位であるほど有利なのは基本的な事なので覚えておいてください。

 

どういうことかというと、検索エンジンの検索結果には基本的に10記事分が表示されます。1位~10位までが表示されているということになります。

ですから、10位よりも9位、9位よりも8位、というかやっぱり1位が一番クリックされやすい順位なんです。

ですから、ブログアフィリエイトで目指すべきは、

「狙ったキーワードで1位を奪い取る」

という事につきます。

 

話が少し脱線してしまいましたので戻します。

検索エンジンで記事を上位表示させるための施策=SEO対策には、内部SEO、外部SEOと呼ばれるものがあり、その中にも様々なテクニックが存在しています。

そのテクニックの1つがユーザーの滞在時間を延ばすというものになります。

 

要するに、あなたのブログに訪れてくれたユーザーに、長く滞在してもらった方が良いですよ!ということです。

訪れてみたけど、なんかイメージと違ったから別のサイトを見てみよーっと、とすぐに離脱されることが多いサイトよりも、記事を最後まで読んだり、1記事だけではなく何記事も読み進めてくれたりすることが多いサイトの方が検索エンジンから評価をされます。

評価が高いブログが上位に表示する仕組みになっているので、僕たちはユーザーの滞在時間を延ばすことに注力する必要がある訳です。

 

そこで使えるのが、YouTube動画を記事内に挿入するテクニックです。

YouTubeは世間一般にも認められた存在となり、誰しもが一度は目にしたことがあるコンテンツとなりました。

動画が記事内に挿入されていることで怪しまれることもありませんし、何よりも記事の補足説明として動画を使う事でユーザーがイメージしやすいという効果に期待が持てます。

 

例えば、上記で解説をした動画の挿入方法で使った筋トレ動画ですが、あなたが筋トレに関する記事を書いていて、文章だけで「腹筋を割る方法」を解説するとしたらどうしますか?

確かに、文章だけで解説することもできると思います。

でも、動画での補足があった方が、より分かりやすく参考にすることも出来ますよね?

 

イメージすることが出来れば、ユーザーは記事で伝えたいことが理解できるので、満足度が上がります。

すると、記事を最後まで読んでくれる確率がアップしますし、何より動画を再生している時間もあなたの記事に滞在している時間としてカウントされるので滞在時間はよりアップするんです。

 

これが、YouTube動画をワードプレス動画に挿入するとSEO効果がアップする理由となります。

 

まとめ

今回の記事では、『ワードプレスの記事投稿ページにYouTube動画を挿入する方法』をお伝えしました。

 

 

画像と動画を併用することで、ユーザー満足度の高い記事を書くことが出来るようになるはずです。

記事内では、SEO対策としてYouTube動画が効果的であること、検索エンジンの攻略が可能であると解説をしましたが、本質的な意味は『ユーザーから評価される記事、サイトを構築する』という事に尽きます。

 

ユーザーがどんな情報(答え)を求めているのかを考えてしっかりと提示する、その上でプラスαの付加情報でより満足してもらう。

その一環として、文章だけではイメージしにくいから画像を使う、さらに動画の方が分かりやすケースが多いのでYouTube動画を使っていく、という感じです。

 

ユーザー目線の記事作成、これを心がけて記事を書いていけば(ブログを育てていけば)必ず上位表示しますから、一緒に頑張っていきましょうね!

 

追伸:

あなたに質問があります。

激務の会社員がブログやインターネットを活用して、少ない作業量でも毎月100万円以上の副収入を稼いでいると言ったら、信じられますか?

「そんなの嘘に決まっている!怪しすぎる、この詐欺師!」

と思われるかもしれませんが、断言します。

「正しい手法で作業を継続すれば、誰にでも確実に実現可能です。」

 

しかも、ブッラク企業に勤める時間がほとんど無いサラリーマンでも、です。

そのための方法を、分かりやすく解説した、私の会員限定レポートを期間限定で無料プレゼントしています。

パソコン初心者であっても、文章を書くことが苦手だとしても、初心者が3ヶ月間で10万円の不労所得環境を構築する新手法のアフィリエイトブログ戦略について解説をしています。

 

アフィリエイトは飽和していてもう稼げない・・トレンドネタを追いかけ続ける日々に疲れた・・そんな悩みを抱えている方も多いかもしれませんが、このレポートを読めばきっと、

「あ!ブログアフィリエイトで稼ぐってこんなシンプルなことだったんだ!」

という事実を理解できるはずです。

間もなく無料プレゼント期間は終了しますので、今のうちにあなたもダウンロードして、隙間時間でも自宅でリスクなく稼ぐ為のスキル・知識・テクニックを全て習得しておいてください。

 

こちらから無料ダウンロード出来ます。

次世代資産型ブログアイフィエイト戦略とは?

 

あなたにはこちらの記事もおすすめ!


でっちん 公式メールマガジン

2 件のコメント

  • こんにちは。
    ランキングからきましたミラです。
    YouTubeの挿入方法、分かりやすかったです。
    自分でも取り入れてみたいと思います。
    ありがとうございました。

  • Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    最近はユーチューブを観ることが多くなってきました。

    記事にYouTube動画が入っていると助かります。

    ユーチューブの内容を文書化して、

    記事にして、其の記事から、ユーチューブに飛ぶのが

    良いように思います。

    記事で検索できるので非常にべんりです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です