サラリーマンのお小遣い平均額を年代別に調べてみたよ!

サラリーマン お小遣い 平均 年代別

こんにちは!でっちんです!

記事をご覧頂きましてありがとうございます。

この記事では、

『サラリーマンのお小遣い平均額を年代別に調べてみたよ!』

をテーマにお届けします!

サラリーマンの皆さん、1カ月のお小遣いはいくらですか?

そのお小遣い金額が同年代の平均と比べた時に多いのか・・・少ないのか・・・気になりますよね?

サラリーマンのお小遣い平均額を年代別に調べたのでシェアします!

景気が良くなりお小遣いも増えた・・・イヤイヤ・・・。

サラリーマン お小遣い 平均 年代別
出典:http://www.igtv.co.jp/Nihonkeizai/

『お小遣いを下げられて、月に一回の楽しみだったピンサロにもいけない・・・。』

消費税や物価は上がっても一向に上がらない給与、それどころか税金が上がったので、実質手取りは減ってしまった。

そうなると、真っ先に削られるのは、サラリーマン(お父さん)のお小遣いですよね?

生活費や食費、教育費は削りにくくても、お小遣いであれば簡単に減らすことができて、家計の負担を減らすことが出来ますからね。

『あんたにお金を多く渡しても、どうせろくな事に使わないんだから!今月からお小遣い減額ね!』

(あぁ〜〜。唯一の楽しみピンサロがぁ〜(本当にろくな事に使ってないケースw))

そんな冗談はさておき、頑張って家族のため、会社のため、そして日本のために汗水垂らして働いているのに・・・。

結局割を食うのはサラリーマン(お父さん)たちなんですよね。

そんなサラリーマンのお小遣いは一体いくらなのか、平均額を調べてみました!

サラリーマンのお小遣いの平均額は・・・?

サラリーマン お小遣い 平均 年代別
出典:http://enoyantorend.com/archives/1556

2014年の調査結果によると、全国のサラリーマン(男性社員)のお小遣い平均額は、39,500円となっています。

うわぁ、40,000円を切っちゃってますね。

これ、30日で割ると・・・1日1316円しか使うことが出来ません。

昼食代(昼飯)込みのお小遣いですからね。厳しいなぁ。。

(こりぁあ、ピンサロどころか、激安手コキ専門店も厳しい・・・は!!www)

ごめんなさい、話を戻します。

アベノミクスによって、景気が上向いていると言われていますが、サラリーマンのお小遣いには、まだまだ反映されていないようです。

ちなみに、ここ30年間で一番お小遣い平均額が高かったのは1990年頃のバブル時期で、お小遣いの平均額は78,000円と約80,000円です。

今と比べるとほぼ倍ですよね!

(これなら、ピンサロどころか、ソープランドでもいけちゃう・・・は!!w)

あれから24年、サラリーマンのお小遣いは、約半分となってしまった訳です。

バブルが崩壊してからは、サラリーマンのお小遣いは減少の一途を辿り、東日本大震災があった2011年が38000円と一番低くなっています。

その頃に比べると、若干増えてはいますが、景気が良くなっているとはとても言えない状況で、未だお小遣いの平均額が40,000円を超える事はありません。

年代別にお小遣い平均額をチェック!

サラリーマン お小遣い 平均 年代別
出典:http://www.faincu.net/?p=5046

年代別にサラリーマンのお小遣い平均額を見ていくと、一番高いのが50台、一番低いのが30代となっています。

20代より30代の方が低いのは、結婚してから数年が経って、子供が数人いてなおかつ車や家のローンなどをかかえている人が多い世代のため、お父さんのお小遣いに直結していますね。

ただ、一番高い平均額を誇る50代でも、お小遣いは42,000円、一番低い30代で37,000円ですから、それほど差がないのがお分かり頂けます。

一番高い50代といえば、子供が独立してローンも終わり、給与も一番高い時期で家計は比較的余裕があると言えますから、お小遣いが高くなるのも頷けますが・・・。

それでいて、30代と比べて5,000円程度しか増えていないのは、悲しい限りです。

この現実を見ちゃうと、バブル時期のような時代はもう来ないのかもしれませんね。

ちなみに、僕のお小遣いは0円です。

『へ・・・?何言ってんの?』

って思いますよね。

いゃ、実はですね、毎月こっそり行っていた、ソープランドの会員券が嫁にバレて、お小遣い没収になってしまって・・・。

ってのは冗談で、好きなように使わせてもらってます。

副業の付き合いや、自己投資にお金を使うときは月に10万円以上使うこともありますね。

サラリーマンのお小遣いの使い道は・・・?

サラリーマン お小遣い 平均 年代別
出典:http://tabelog.com/niigata/A1501/A150101/15000771/dtlrvwlst/1254979/

最後にサラリーマンのお小遣いの使い道について確認していきましょう。

まずは昼食代ですが、これもお小遣いと同様に低下傾向にあります。バブルの頃は1,000円以上あった昼食代ですが、現在では半額の500以下となっているんです。

ワンコインランチを売りにするお店が増えているのも、こうしたサラリーマンのお小遣いが影響しているのですね。

さらにお酒やたばこを控えている人も増えていると言います。

特にたばこは年々増税していて、近々500円の大台に乗るのでは?とも言われています。

なので、禁煙したり禁酒したり、お小遣いの増加が見込めない以上は、自分の趣味や嗜好品を我慢していかなければ厳しいのかもしれません。

最後に

お小遣いを増やしたい・・・今のお小遣いに不満がある・・・。

そう感じているのなら、収入を増やす方法を考えた方が良いでしょう。

サラリーマンが収入を増やす最善の方法・・・それは出世して給与を増やす方法ではなく、バイトをすることでもありません。

『自らで稼ぐ力を付ける事』

これしかありません。

その稼ぐための最短距離としてブログアフィリエイトを推奨しています。

 

僕が激務のサラリーマンをやりながら、どうやって余裕のある生活を手に入れたのか、その方法を無料のメールマガジンで期間限定で公開しています。

もし、記事に何かを感じ、現状を打開したいと思ったらメルマガに登録してみて下さい。

無料メルマガを購読してプレゼントを受け取る

少しでも不満・不安、そして悩みがあるならお問い合わせフォームからお気軽にご相談下さい。

>>質問してみる!

ブログランキングに参加しています!


アフィリエイト ブログランキングへ

記事を最後までご覧頂き、ありがとうございます!

このサイトでは、高卒で元ホスト・パチプロだった僕でも、そして、SEという激務のサラリーマンでもアフィリエイトで稼げるって事を証明して、皆さんに有益な情報を配信して行ければと考えています!

でっちん 公式メールマガジン

8 件のコメント

  • こんにちわ。とても興味のある記事でした。笑。
    ちなみに私と旦那はお財布別です(笑)
    だからこそインターネットビジネスに興味があります♪
    もう一度バブル時代来てほしいですね!笑
    また訪問に伺います。
    それでは応援して帰ります♪

    • りんこさん
      コメントありがとうございます!
      楽しんでもらえたようで良かったですwww
      バブルは来ないでしょうから・・・自分で稼ぐ力を付けた方が良いでしょう。

  • こんにちは。ブログランキングから来ました。徳です。
    やっぱり時代ごとにお給料やお小遣いは違うんですね!!
    勉強になります。
    これからも頑張ってください。
    応援しています。

  • こんにちは。
    意外と、お父さんのお小遣い少ないですね。
    1日あたりにすると、子どもと同じじゃんみたいでかわいそうって思ってしまいました。

    • スプーンさん
      コメントありがとうございます。
      これより少ないお父さんも沢山いると思いますよ。
      それが現実です。

  • はじめまして。

    totochan(ととちゃん)ともうします。

    ブログランキングから来ました。

    お小遣いの話面白かったです。

    自分の小遣いの少なさにチョット、

    ビックリしましたが・・・

    稼ぐ力身につけないとだめですね。

    応援の方も完了です。

    • totochan(ととちゃん)さん
      コメントありがとうございます。
      楽しんでもらえたようで良かったですwww
      お小遣いが少ないと思ったなら・・・
      収入を増やす方法を考えた方が良いですね!
      正しい方法で実践すれば、それは意外と簡単だったりしますよ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です