ワードプレスのプラグイン追加手順とおすすめプラグイン8選を公開!


 

この記事では、ワードプレスのプラグイン新規追加手順とおすすめプラグイン8選+番外編をお伝えします。

プラグインが便利なツールなのは分かっているけど・・何を導入すればいいか分からない・・と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

確かに、プラグインには膨大な量があり、どれを追加すればよいか分からなくなるかもしれませんね。

 

でも大丈夫!この記事で解説しているプラグインだけで上位表示するブログは作れます。

というか、それ以外のプラグインは一切必要ないのです。

 

結果が出ない人の特徴に、細かいことを気にし過ぎるということがありますが、プラグインにこだわりを持つ人も危ないです。

まずはこの記事でご紹介しているプラグインだけ導入して記事をどんどん書いていきましょう!

 

ワードプレスのプラグイン導入手順

ではまず、プラグインの導入手順を画像でチェックしましょう。

 

たったこれだけw

新規追加したプラグインそれぞれの設定方法に関しては以下の参考サイトをご覧ください。

 

ワードプレスおすすめプラグイン8選【随時追加】

次に、おすすめプラグイン8選をご紹介しますね。

これは、僕が実際に今現在も稼ぎ続けているブログで設定しているプラグインとなります。

要するに、この8つだけ入れておけば上位表示して稼ぐブログが作れるという訳です。

プラグイン名称 概要 参考サイト
WordPress Popular Posts 人気記事一覧を自動で表示してくれるプラグイン。サイドバーや記事下など任意の場所に人気記事を表示してユーザーを他記事へ誘導する役目を果たす。直帰率、平均PV数にも影響が出るため、必ず導入しておきたいプラグインの一つ。 バズ部公式サイト
TinyMCE Advanced 記事投稿ページのカスタマイズが行えるプラグイン。背景色を変えたり、表の挿入や編集などデフォルトではできない操作が可能となる。記事執筆時の使い勝手が良くなり効率アップも見込めるし、ユーザービリティ向上にも必須なプラグインだと言える。 バズ部公式サイト
Table of Contents Plus 記事内の目次を自動で設置することができるプラグイン。記事内の見出しを使い自動で目次を表示することが出来るため、ユーザービリティ向上にも効果がある。記事上に目次を設置することで、ユーザーは記事に何が書いてあるかを一目で判断できるので、目的の情報があるかを瞬時に伝えることが可能。直帰率低下にも役立つため、必ず取り入れたいプラグインの1つ。 NETAONE公式サイト
Google XML Sitemaps サイトの記事一覧を自動で作成してくれるプラグイン。また、サーチコンソールとの連動で必要となるサイトマップもこのプラグインで作成が可能となる。 バズ部公式サイト
Contact Form 7 問い合わせフォームを自動的に作成してくれるプラグイン。ユーザーからの問い合わせが出来る状態にしておくのは、ブログを運営する上では必須。例えば、知らない間に著作権違反を犯してしまう可能性もあるため、必ず問い合わせフォームは設置しておこう。 バズ部公式サイト
BackWPup ワードプレスのバックアップを自動で行ってくれるプラグイン。外部からの攻撃や思わぬミスでワードプレスが被害を受けることは少なくない。そのため、バックアップの設定を行うのはビジネスとしてブログを運営するなら必須の作業だと言える。 バズ部公式サイト
All In One WP Security セキュリティ強化のプラグイン。ワードプレスのサイトはネット上のサーバーに存在しているため、常に外部(特に海外)からの攻撃を受けやすい環境だと言える。そのため、セキュリティ対策はしっかりと行いたい所なので、このプラグインを是非入れておこう。設定は特になく新規追加して有効化すればOKだ。
All In One SEO Pack SEO対策全般の設定ができるプラグイン。記事毎のキーワード、ディスクリプション、タイトルの設定やNO-INDEX設定など細かい設定ができる。検索エンジンを攻略して上位表示を狙うなら必須のプラグインだとえる。 バズ部公式サイト

 

その他、導入しても良いプラグイン

プラグイン名称 概要 参考サイト
AddQuicktag 記事投稿時に使える便利なプラグイン。よく使うタグを登録しておけば、ボタン一つでタグを使用することができる。 Naifix公式サイト
New Adman 記事内の任意の場所に広告(文章)を設置することができるプラグイン。すべての記事に一括で挿入することができるため、1記事ずつ開いて広告を設置する手間を省ける。
Search Regex 記事やコメントなどを一括で置換することができるプラグイン。例えば、色々な記事で『置換』を『痴漢』と書き間違えていたとして、それを全て書き換えたい場合、1記事ずつ開いて置換していくのは手間がかかる。そこで、このプラグインを使えば一括で置換することができる。
Quick Adsense 『New Adman』と同様に広告を設置する時に使用できるプラグインの一つ。このプラグインは記事1つ1つにタグを設置しておかなければ広告は表示されない。ただし、『New Adman』が記事内の指定場所には表示できたいのに対して、好きな場所に設置することが出来る利点がある。

 

まとめ

この記事では、

ワードプレスのプラグイン新規追加手順とおすすめプラグイン8選+番外編

ということでお送りしてきましたが、参考になりましたか?

 

冒頭でもお伝えした通り、プラグインにこだわり過ぎるのは良くありません。

あれもこれもと調べていて記事を書く時間が無くなっては本末転倒。ブログにアクセスを集めるにはプラグインではなく記事が一番重要ななのですから。

 

この記事でご紹介したプラグインだけでも上位表示して稼ぐブログは十二分に作成することが出来ます。

 

また、プラグインの入れ過ぎは良くありません。

なぜなら、セキュリティの観点から危険な状態になる原因となるからです。

プラグインを入れ過ぎていると、管理が行き届かなくなり更新もついわすれがちに。

そうなると、悪意を持った攻撃者から攻撃を受けるスキを作っていることになってしまうのです。

ですから、プラグインは最低限の物だけにして、アップデート通知が来ているときは必ず行うようにして下さいね。

 

でっちん 公式メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です