初心者がアフィリエイトで稼げるブログネタ・キーワードを探す方法【保存版】

ブログアフィリエイト,稼げる,ジャンル,ネタ,選び方

 

こんにちは、笠原(@HidekiKasahara)です。

 

心者が短期間で大量のアクセスを集めるテクニック

今回は、初心者でも”短期間”のうちにブログへアクセスを集める方法について詳しく解説をしたいと思います。

 

ブログを始めた初心者が必ずぶち当たる壁の一つに『稼げるブログネタ、キーワードが分からない』というものがあります。

もう少し詳しくいうと、アクセスが集まる=稼げるネタ、キーワードが思いつかない、というもの。

 

これまでに数百人を超える方にブログアフィリエイトを指導してきた経験から分かるのですが、いち早く結果を出す人は例外なく、このブログネタ・扱うキーワードのスキルを吸収して自分のものにしてます。

逆に、結果を出すまでに時間が掛かかったり、途中で挫折してしまう方はキーワードで悩み手が止まっているケースがほとんど。

 

ブログで稼ぐには、多くのユーザーにブログへ訪れてもらうのが一番手っ取り早いです。要するに、アクセス数を稼ぐことが報酬を得る一番分かりやすい方法です。

(詳しくいうと、少ないアクセスでも、悩みの深いキーワードだったりすると稼げたりしますが、ここでは割愛します。)

 

そして、ブログにアクセスを集めるには検索エンジンを攻略して(狙ったキーワードで記事を上位表示させる)いく必要があります。

そんな検索エンジンの攻略をする上で、最も重要なのが『ブログネタ、キーワード選定』だったりします。

 

このキーワード選定が間違ってしまうと、アクセスが集まらないのはもちろん、いくら記事を書き続けても、ほとんど稼げないと言った悲しい事態になってしまいます。

 

そこでこの記事では、「初心者でも稼げるお宝ブログネタ、キーワードを簡単に探し出す究極のテクニック」について詳しく解説をします。

 

この記事を最後まで真剣に読めば

  • 「ブログで扱うキーワードが無くなった」
  • 「稼げるキーワードが見つからない」
  • 「記事を書いても書いてもアクセスが集まらない」

といった悩みから解放されるはずです。

 

ブログで稼ぐにはGoogleを攻略せよ!

ブログにアクセスを集める一番王道な方法が【検索エンジンからの流入】です。

検索エンジンとは『Googleやyahoo!』の検索窓のこと。

 

例えば、自宅でダイエットする方法が知りたいと思っている人が「自宅 ダイエット 短期間」というキーワードで検索したとしましょう。

あなたがダイエットを扱っているブログを構築しているなら、その「自宅 ダイエット 短期間」のキーワードで記事を書いていきます。

 

そして、ユーザーが検索エンジンで検索した一覧に、あなたが書いた記事を表示させてブログに訪れてもらいます。

(これが、巷で良く言われている”上位表示をさせる”ということです。)

 

こうして考えてみると分かるのですが、ブログの役目は「ユーザーの悩みを解決すること」です。

これ、ものすごく単純ですが大切なことです。

(初めは分かっていても、記事を書くときには忘れてしまっている方が非常に多いので、常に意識してください。)

 

悩み(自宅で短期間の間に痩せる方法が知りたい!!)を解決する方法を提示してあげるのです。

これが的確で、ユーザーが満足してくれる記事(ブログ)を構築することができれば、自然と検索エンジン上で上位表示するようになります。

 

大事なことなので再度お伝えしますが、要するにブログの記事とは、ユーザーの悩みを解決してあげるのもです。

ユーザーは『これを知りたい!!』

私たちは『これが答えですよ』

と提示してあげれば、ユーザーは満足してくれます。

 

そうすれば、検索エンジンがユーザーから評価されます。

この情報が知りたいんだ!→Googleで調べてみる→すぐに知りたい情報が知れた!→Googleやるじゃん!

となる訳です。

 

逆に、検索エンジンの上位にユーザー満足度の高くない記事が表示されてしまうとどうなるでしょうか?

この情報が知りたいんだ!→Googleで調べてみる→知りたい情報が書いてあるサイトにたどり着けない…。→Google最悪・最低!このウン〇!!(怒)

こうなってしまうコトをGooleは一番恐れています。

 

何故なら、Googleは検索エンジンのトップに立ち、多くのユーザーから使ってもらうことで収益を上げているからです。(詳しくは広告収入で収益を上げている。)

ですから、Google=使えない検索エンジンというレッテルが貼られてユーザーから使われなくならないように、ユーザーが求める情報を上位に表示させようと日々進化を遂げてます

ユーザーから評価される記事を書いていれば、結果として検索エンジンからブログが評価されるという流れです。

 

次に、1つ覚えておいて欲しいことがあります。それは『検索結果の1ページ目に表示しなければ意味がない』ということです。

GoogleでもYahoo!でも検索した結果の一覧には10記事分の記事リンクが表示されます。(上記画像の例だと、自宅・ダイエット・短期間というキーワードで書かれた記事が10記事表示されています。)

 

ここで、少し思い出してみて下さい。

 

あなたが何かを知りたいと思い検索エンジンを使用した時、検索結果一覧のどこをクリックしますか?

多くの場合、1ページ目特に上位に表示している(多くは1位~3位まで)の記事を参照しているはずです。要するに、1ページ目に表示された記事しかクリックしないのです。

そこで思ったような結果が得られなければ、検索キーワードを変更して再検索⇒再度1ページ目のリンクから答えを探す、、というケースが多いと思います。

 

これはあなただけの行動ではなく、ほとんどのユーザーが1ページ目に表示された記事しか見ないのです。

キーワードによっては2ページ目以降も移動する事はありますが、殆どは1ページ目しか見ません。

(悩みが深く、緊急を要するケースなどは2ページ目以降を見ることもあります。)

 

ですから、ブログにアクセスを集めるには、狙ったキーワードで記事を上位表示させること(検索エンジンの攻略)が欠かせないテクニックとなります。

要するに、アクセスが集まるキーワードで上位表示させる必要がある、ということ。

 

しかも、上位になればなるほどクリックされる確率はアップするので、最終的に目指すべきテッペン、それは検索結果の1位なのであります。

 

上記の画像を御覧ください。1位が20%近いクリック率を獲得していて、1位~3位までで40%以上を占めています。

これを見ても、検索エンジンで上位に表示することの大切さがわかってもらえると思います。

 

ただし、特に初心者の場合、上位表示だけを意識すれば良いかというと、、それは間違いです。

ただ、闇雲にキーワードを狙ってもダメなんです。なぜなら、、、。

 

見込み客が少=アクセス少

だからです。

趣味のブログなら、どんなネタを扱っても問題はありません。ただの自己満足ですからね。

でも、僕たちが実践するのは”ビジネスとしてのブログ”ですから、アクセスを出来るだけ多く集める必要があります。

 

要するに、可能な限り多くのユーザーが検索エンジンを使って検索するブログネタ、キーワードを扱って記事を書いていくことが大切なんです。

ちなみに、ブログで扱うジャンル・初心者でもアクセスを集めやすいお宝ジャンルに関しては『初心者でも本当に稼げるジャンル・ネタの選び方【保存版】』で詳しく解説しているので、併せてチェックしてみて下さい。

 

ブログネタ、キーワードの検索需要は、1ヶ月の間にどの程度ユーザーに検索されるのか?という点を意識する必要があります。(検索需要の調べ方については、この記事後半で解説をしています)。

 

ここで少し面白い例を出して解説しますね。

『出会い系サイト』というキーワードは、月間検索ボリュームが約36,410回(Yahoo!の場合)あります。

以下が、月間の検索ボリュームを調査した結果です。

しかし、『お見合いサイト』というキーワードになると、『データが見つかりませんでした』と表示されてしまいます。

これが何を意味しているかというと、”出会い系サイト”というキーワードで検索するユーザーは多くいますが、”お見合いサイト”というキーワードで検索するユーザーはほとんどいないということです。

 

要するに、お見合いサイトというキーワードで検索エンジンの上位表示が出来てもアクセスは集まりません。

出会い系サイト、お見合いサイトというキーワードがある場合、深く考えないとどちらも同じようなキーワードに見えますが、検索需要はまるっきり違います。

狙うなら、検索需要が多い、出会い系サイトの方を狙うべきです。(検索ボリュームの調査方法、基準となる検索ボリュームについては、記事の後半で詳しく解説をしています。)

 

ここまではよろしいでしょうか?

 

ブログ収入を稼ぐには、検索エンジンを攻略して狙ったブログネタ・キーワードで上位表示をする。

ただし、検索需要があるキーワードを狙わないと上位表示をしても意味がない、ということです。

 

が!!しかし、検索需要だけを意識すれば良いよか?と言えば、それも間違いだったりします。

なぜなら、、、。

 

検索需要とライバル数は正比例する

からに他なりません。

運営歴も長くて、記事数も多い。そして、ユーザーからの評価も高いドメイン(ブログ)なら、どんなにライバルが強いブログネタ・キーワードを扱っても勝ち目はあります。

しかし、初心者やドメインパワーが弱い段階では、ライバルが多すぎるキーワードを狙っても上位表示は難しいのです。

 

検索エンジン(Google)が記事を上位表示させる基準の一つに、ブログ(ドメイン)の強さ(パワー)があります。運営歴が長く、品質の良い記事が多いブログと立ち上げたばかりの記事数がほとんどないブログで同じキーワードを扱った場合、全社の方が上位表示しやすい訳です。

 

ドメインを新規に取得してブログを立ち上げた場合、ブログのパワー(ドメインパワー)が弱い状態。

例えるのであれば、生まれたての赤ちゃんです。

やる気やる気が出ない,質の高い睡眠

 

逆に、運営歴が長いブログは大人。しかも、体も大きく格闘技の大会で優勝するような筋肉マッチョな大人をイメージしてください。

ブログは検索エンジンの上位を争う訳ですから、戦いの場に殴り込みをかける訳です。

 

そんな戦場にですよ、生まれたての赤ちゃんが参戦して勝ち目があると思いますか?しかも、格闘技大会で優勝したり上位に食い込むような猛者が沢山いる大会にです。

まず、勝ち目はありませんよね?

 

だからこそ、出場している選手も自分と同じくらい、もしくは少し年上の幼稚園生くらいが出場している大会に出て少しずつ経験値を付けていくのです。

ブログでいえば、ライバルが強すぎるブログネタ・キーワードを扱うのではなく、ライバルが弱いところから攻めていくことが大切です。

そして、少しずつアクセスを集め、記事数を増やしながら、ユーザー満足度も徐々に上げてブログ(ドメイン)のパワーを付けていきます。

 

ここまでライバルの話が出てきましたが、ライバルの数と検索需要は基本的に正比例するという事を覚えておいてください。

検索需要があるという事は、多くのユーザーが検索エンジンを使って検索をするという事でしたね。

検索需要があるブログネタ・キーワードで上位表示が出来れば、アクセスをブログに集めることができます。アクセスが集まる=稼げるという事なので、結果としてそれを狙うブログ=ライバルが多くなります。

 

なので、初心者が意識すべきことは、

  • 「検索需要」
  • 「ライバル数」

のバランスを考えていくとういこと。

 

「ちょっと自分には難易度が高そうだなぁ・・」

と思いましたか?

 

大丈夫です、安心してください。

これからお伝えする手順をしっかりと理解して実践すれば、初心者でもお宝ブログネタ・キーワードを探し出すことが可能です。

お宝キーワードで記事を書いていけば、最短でブログに大量のアクセスを集めることができます。(ジャンルにもよりますが、2ヶ月目にはアクセスを集めることができる)

 

初心者がお宝キーワードを探し出す手順

まず、狙うジャンルが決まったら、そのジャンルに興味があるユーザー像を意識し、『どんなキーワードで検索するだろうか?』ということを考えます。

ブログで扱うジャンルについては⇒『初心者でも本当に稼げるジャンル・ネタの選び方【保存版】』こちらを参照!

 

ユーザーの悩みを考えたら、仮のブログネタ・キーワードを洗い出しましょう。

 

例えば、筋トレに興味がある男性をターゲットにするなら、ブログで扱うネタとしては”筋トレ”がメインとなります。

次に、キーワードに関してですが、今思いついただけだと以下のようなキーワードがあります。

  • 筋トレ
  • 腹筋
  • 筋肉
  • ジム
  • 胸筋
  • 自宅筋トレ

ここで大事なことは、1語キーワードを洗い出すということです。

この後詳しく解説をしますが、キーワードには1語キーワード、2語キーワード、3語キーワード‥という呼び方があり、1語キーワードの事を単体キーワード、2語キーワード以上を複合キーワードと呼びますので覚えておいてくださいね。

で、まずはブログで扱うネタ・ジャンルで思いつく単体キーワード(1語キーワード)を洗い出しましょう。

1語キーワード洗い出し時のポイント
意識したいのは、”ユーザーがどんな悩みを持っているか?”、”どんな検索キーワードで検索をするか”を考えることです。筋トレに興味がある人は、体の各部位にある筋肉が気になる、鍛える場所としてジムや自宅で筋トレをしたいと考えるだろう‥と想像を膨らませていきます。

 

ただし、最初はユーザーの悩みを考えるのに苦労すると思います。

そんな時には、Q&Aサイト(お悩み相談サイト)でキーワードを検索してみると、ピンポイントで悩み(キーワード)を知ることが出来ますよ。(お悩み相談サイトは以下を参考にしてみて下さい!)

Q&Aサイト(お悩み相談サイト)

以下のサイトには検索窓があるので、狙いたい1語キーワード、もしくは2語キーワードで検索をして、投稿されている悩みを見てみましょう。

※また、Amazonの商品レビューなど口コミサイトを参考にするのも非常に効果的です。

 

記事で扱う1語キーワード候補を洗い出したら、検索需要を調べていきます。

 

ブログネタ・キーワードの検索需要を調べるには、キーワードプランナーというツールがおすすめ。

キーワードプランナーとは、Googleが提供しているキーワードツールのことです。

 

このツールを使えば、狙いたいキーワードが月間どれくらいの検索が行われているのかや、ライバルの強さなどを調べることができます。

ブログアフィリエイトを実践する上で欠かせないツールなので覚えておきましょう。

 

キーワードプランナーの使い方については『最新!キーワードプランナーの使い方マニュアル』で解説しているので、参考にしてみて下さい。

 

キーワードプランナーで関連キーワードや語彙を増やすことで、記事の品質を高めユーザー満足度アップを狙いましょう。

 

虫眼鏡キーワードで複合キーワードを探す

検索需要の高いブログネタ・キーワード(1語)を探したら、次にライバルが弱い複合キーワードを調べます。

例えば、”筋トレ”というキーワードは”1語キーワード”なので、検索需要が多くライバルも強すぎるため初心者にはおすすめしません。

 

そこで使えるのが複合キーワードを使う方法です。

複合キーワードとは、1語キーワードから派生したキーワードのこと。

 

その複合キーワードを調べるのに使えるツールが、以下の2つ。

 

詳しいツールの使い方はこちら

ここにコンテンツを記載

 

これらのツールで知ることができるのは、「複合キーワード」と呼ばれるキーワード。

Yahoo!の検索エンジンで”筋トレ”と入力して検索をすると以下の虫眼鏡が表示します。

  • 筋トレメニュー
  • 筋トレ 頻度
  • 筋トレ 女性
  • 筋トレ 食事
  • 筋トレ 効果
  • 筋トレ 占い
  • 筋トレ 毎日
  • 筋トレグッズ
  • 筋トレ 時間
  • 筋トレ メニュー

これが2語キーワード(筋トレの複合キーワード)と呼ばれるものです。

 

筋トレという1語キーワードを入力するユーザー(筋トレに興味があるユーザー)が、続けて2語目に入れて検索している複合キーワードを表示してくれている訳です。

要するに、虫眼鏡キーワード(複合キーワード)とは、1語キーワードに興味があるユーザーが検索する可能性が高いキーワードを表示してくれている、という事になります。

 

上記は「筋トレ 自宅」の2語キーワードで検索した結果(Yahoo!の検索エンジン)。

  • 筋トレ 自宅 メニュー
  • 筋トレ 自宅 器具
  • 筋トレ 自宅 女性
  • 筋トレ 自宅 筋肉肥大
  • 筋トレ 自宅 ジム
  • 筋トレ 自宅 初心者
  • 筋トレ 自宅 腹筋
  • 筋トレ 自宅 ダンベル
  • 筋トレ 自宅 自重
  • 筋トレ 自宅 簡単

このように、3つのキーワードが合わさった”3語キーワード”が10個表示していることが分かります。

Yahoo!の検索エンジンを使うと、この複合キーワードを最下位層まで調べることができるのです。

 

検索需要が高ければ高いほど(多くの人が検索する)虫眼鏡の複合キーワードの数が多くなります。要するに、4語、5語キーワードといった深い階層のキーワードが出現します。逆に、検索需要が低いキーワードの場合、2語気キーワードの虫眼鏡が出現しないこともあります。

 

ここで大事なポイントは、複合キーワードの数が多くなれば多くなるほど検索需要が落ちてライバル数も減る、ということ。

「筋トレ」よりも「筋トレ 自宅」の方がライバルは少ないですし、「筋トレ 自宅 器具」という3語キーワードの方がさらにライバル数は少なくなります。

 

キーワード 検索数・ライバル数
1語 非常に多い
2語 多い
3語 普通
4語 少ない
5語 非常に少ない

キーワードと検索数の関係性を分かりやすく書くと上記のイメージです。

あくまでもイメージなので、キーワードによっては3語キーワード以下が無かったり、5語キーワード以上が存在するケースも存在します。

 

ですから、例え初心者の段階(ドメインパワーが弱い)では、検索数が少なかったとしても、ライバル数が少ない虫眼鏡キーワードの最下位層を狙って記事を書いていくことが大切です。

複合キーワードの注意点
複合キーワードを扱うときに注意してほしいのは、”1語キーワードから派生した複合キーワードを使うこと”です。初心者の方で、よく1語キーワードを複数組み合わせて、独自の複合キーワードを作る方(例えば、”腹筋 背筋 ジム”のような形)がいますが、それは間違いです。その作ったキーワードが実際に虫眼鏡に出てきていたり、検索ボリューム数があれば話は別ですが、基本的には検索ボリューム数が無いケースがほとんど。1語キーワードを複数入れてすべての1語キーワードで検索した時に上位表示を狙うのは間違ったやり方です。あくまでも、虫眼鏡キーワードやグッドキーワードのツールで出てきた複合キーワード(単体キーワードから派生したキーワード)を扱うようにしましょう。

 

キーワードで記事を書く場合、記事のタイトルには「筋トレ 自宅 器具」というキーワードを含める、記事の本文でも「筋トレ 自宅 器具」で検索したユーザーが知りたい情報をメインで書くわけです。

(ブログライティング(記事の書き方)については「コピーライティング無料講座」を参考にしてみて下さい!)

 

ライバル数が少なくなるということは、検索需要も少なくなるので集められるアクセス数も減りますが問題ありません。

そもそも、筋トレというメインキーワード(1語キーワード)が検索需要があるので、その複合キーワードであればある程度のアクセス数は見込めます。

(このあと、キーワードの検索ボリューム数の調査方法、初心者が狙ってよい検索ボリューム数の基準について詳しく解説をしています。

 

というか、初心者の段階ではアクセス数よりもドメインパワーを強くすることを意識してください。

記事数が10程度で「アクセスが集まらない~」とか、「上位表示されません‥」という相談をしてくる方がいますが、その程度の記事数でアクセス数を気にするのはナンセンス。

まずは100記事程度は記事を書き、ドメインパワーを強くすることだけに意識を向けましょう。

 

ドメインパワーを強くするには、少なくても良いからアクセスを集める、検索エンジンで上位表示させる、そのためにGooleから認識してもらう(インデックス)ことが大切です。

インデックスされてアクセスが集まり、ユーザーから評価される(読まれる)記事を書けていれば、より検索エンジンからの評価も早くなり、上位表示しやすい環境が整います。

 

ですから、まずは虫眼鏡キーワードで複合キーワードを狙って記事を書いていくことを意識してくださいね。

虫眼鏡キーワードは、テキストエディタなどにメモっておいてください。この後に解説をする検索ボリューム数の調査で使用しますから。

 

検索ボリューム数の目安は?

キーワードプランナーを使って複合キーワードの検索ボリュームを調査する際に、狙って良い基準となるボリューム数についてお伝えしておきます。

 

初心者が狙っても良い検索ボリュームの目安は、

  • 100~1000
  • 1000~1万

です。

これ以下だと少なすぎますし、それ以上だとライバルが強すぎるのでこの辺りから攻めていくことをおすすめします。

 

 

【超重要】要注意!!

キーワードを扱う際に注意したいのは、キーワードの順番です。例えば、”頻尿”というキーワードの検索ボリュームを調べてみると、月間で54,451回程度の検索が行われています。そこで、複合キーワードである”頻尿 女性”というキーワードの検索ボリュームを調べると1000~10000回とある程度の需要があることが分かります。しかし、”女性 頻尿”とキーワードを逆にしただけで、検索数が100~1000回に激減していることが分かります。

これを知らずに記事タイトルに付けてしまうと、検索エンジンからは”女性 頻尿”というキーワードを狙っている記事だと判断される可能性が高いため、せっかく需要が多い”頻尿 女性”の検索結果には表示しない状態となります。

ですから、複合キーワードの検索ボリュームを調査する時は、キーワードの順番にも注目して調べてみるといいかも知れませんね。

 

キーワードを面で狙う考え方

ブログ記事のキーワードを扱う時のテクニックとして”キーワードを面で狙う”というものがあります。

具体例を出した方が分かりやすいので、以下で解説します。

Yahoo!虫眼鏡に『石原さとみ 彼氏』という2語キーワードを入れて検索した結果です。

検索結果として3語キーワードが以下の10個表示していることが分かります。

  • 石原さとみ 彼氏 前田裕二
  • 石原さとみ 彼氏 社長
  • 石原さとみ 彼氏 歴代
  • 石原さとみ 彼氏遍歴
  • 石原さとみ 彼氏 最新
  • 石原さとみ 彼氏 創価学会
  • 石原さとみ 彼氏 山下智久
  • 石原さとみ 彼氏 フライデー
  • 石原さとみ 彼氏 前田
  • 石原さとみ 彼氏 it

 

これが、最下位層の複合キーワードですが、面で狙うというのはこの最下位層キーワード10個それぞれでブログ記事を書くということです。

ただし、中には全く同じ意味のキーワードや別々にするのが難しいケースもあるので、その場合は統合していきます。

 

今回の例だと、以下の7つに減らすことが出来ました。

  • 石原さとみ 彼氏 前田裕二
  • 石原さとみ 彼氏 社長 it
  • 石原さとみ 彼氏 歴代 遍歴
  • 石原さとみ 彼氏 最新
  • 石原さとみ 彼氏 創価学会
  • 石原さとみ 彼氏 山下智久
  • 石原さとみ 彼氏 フライデー

以下のキーワードを排除して1つに統合しています。

  • 石原さとみ 彼氏遍歴
  • 石原さとみ 彼氏 前田
  • 石原さとみ 彼氏 it

 

この7つのキーワードで記事を書いていくので、7つの記事が書きあがるのです。

 

この面で狙うという考え方は何が良いのか?というと以下の3つが挙げられます。

  1. アクセスをもれなく拾える
  2. アクセスが集まるキーワードが分かる
  3. 内部リンクに活用できる

 

アクセスをもれなく拾える

『石原さとみ 彼氏』というキーワードで検索したユーザーは、その下にある複合キーワード(最下位層キーワード)にも興味があるユーザーだといえます。

ですから、最下位層キーワード全てを狙って記事を書いておけばアクセスも漏れなく拾ってこれるのです。

最下位層なので、検索ボリューム自体は少なくなりますが面で狙う事で少しでも多くアクセスを集めることが出来ます。

イメージとしては魚の漁をする時に、1つのキーワードだけだと釣り竿1本だけど、面で狙えば大きな網を使っている感じです。

どちらが多く魚を捕まえることができるかは考えるまでもありませんよね。

 

アクセスが集まるキーワードが分かる

結局のところ、ネタやキーワード選定にはゴールも正解も無いのです。(正しいやり方はあります。)

なぜかというと、『アクセスが集まりそうだ!』と思って記事を書いても一切集まらないこともあれば、『これはちょっとライバルが強そうだから上位表示は難しいかも?』と思って書いた記事が上位ひょじしてアクセス爆発‥なんてことも少なくありません。

要するに、記事を実際に書いて公開してみない事には結果=答えなんて分からないということ。

なんだか本末転倒みたいなことを言っているようですが、これが真実なのであります。

だからこそ、沢山テストを繰り返すことが大事なのでキーワードを面で狙うのもテストの一環なのです。

面で狙って記事を書いておけば、アクセスが集まるキーワード、集まらないキーワードがどんどん見えてきます。

その結果こそが、あなた独自のノウハウであり稼げるお宝キーワードを探す唯一無二の方法です。

 

内部リンクに活用できる

最後に、キーワードを面で狙って書いておくことで内部リンクでの誘導ができるというメリットがあります。

例えば『石原さとみ 彼氏 社長 it』というキーワードで記事を書いた時に、記事の下に以下のように関連(内部リンク)を設定してあげるのです。

  • 石原さとみ 彼氏 歴代 遍歴
  • 石原さとみ 彼氏 最新
  • 石原さとみ 彼氏 創価学会
  • 石原さとみ 彼氏 山下智久
  • 石原さとみ 彼氏 フライデー

石原さとみの彼氏がIT社長だという噂が気になって調べたユーザーにとっては、最新の彼氏や過去の彼氏の事、フライデーで取り扱われたネタも同様に気になっている可能性が高い。

そうすると、内部リンクで紹介してあげた時にクリックして関連記事も読んでくれるのです。

そうなれば、滞在時間が延び直帰率が下がるのでブログが評価される要因となります。

 

これら3つのポイントがあるため、キーワードは面で狙うという考え方が非常に重要になってきます。

特に、もしあなたがブログ初心者でトレンドブログを実践しているなら、この面で狙うという方法は必須なので是非試してみて下さいね~!

 

ライバルチェックを行う

ライバルチェックを実践する意味=強さを調べる+記事を書くときの参考(見出し、内容)を抜き出す作業でもある

ここまでくれば、ブログネタ・キーワードの選定はほぼ完了。残りはラスト「ライバルチェック」を残すのみ。

 

検索エンジンの上位を獲得するということは、ライバルを出し抜いていく必要があるわけです。

ですから、狙ったキーワードで上位に表示しているブログはすべてあなたのライバルとなります。

 

ライバルを超えるには、ライバルサイトよりも品質の良い記事を書き、ユーザーから評価されるしかありません。

そのためにも、ライバルサイトのチェックは欠かせない手順ですが、、なかなかめんどくさがってやらない方が本当に多い。

でも、この作業を飛ばしていると、いくら頑張って記事を書いてもアクセスが集まらない、、という事態になってしまう可能性があるので必ず実践しましょう。

 

ブログアフィリエイトにおけるライバルチェックの詳しい方法に関しては、『ライバルチェックの正しいやり方を図解を使って解説!』で詳しく解説をしているのであわせてチェックしてみてください!

ここでは、ライバルチェックでチェックすべき基本的なポイントについて解説をします。

 

記事タイトルのチェック

ライバルチェックでまず行いたいのが、記事タイトルにキーワードが含まれているか。

検索エンジンで狙いたいキーワードで検索をして、検索結果の10記事を上から順番にチェックしてください。

ここで、記事タイトルにキーワードが全て含まれているブログが多ければ多いほどライバルが強いと判断できるポイントの一つとなります。

 

  • 自宅で行う簡単筋トレメニュー】2週間の器具無し筋トレに効果があるのか検証してみた
  • 自重トレーニング本気ガイド。器具なし&効果的な毎日の筋トレメニューとは
  • 筋トレメニューは4つでいい!初心者が自宅で最短にモテる体を作る方法
  • 筋トレメニュー1週間の組み方!自宅で可能な種目15選も徹底解説
  • 【完全版】女性が自宅で簡単に出来る筋トレメニューはこれだ!!
  • 【初心者必見】自宅でジム並みの効果!?おすすめ筋トレ器具10選
  • 自宅でできる簡単筋トレで痩せる方法!おなかも二の腕もスッキリ!
  • 自宅筋トレメニュー完全版】初心者向きの自重+ダンベルでの鍛え方と一週間の組み方

 

先ほどの「筋トレ 自宅」で検索した結果の1位~10位の記事タイトルを抜き出してみました。

赤字・太字がキーワードの2つ、見ると分かりますが、ほとんどの記事タイトルにきちんとキーワードが含まれていることが分かります。

これがライバル=強いと判断する1つの要素となります。(あくまでも1つの要素なので、確定ではありません。)

 

記事のタイトルにキーワードを含めるのは、SEO対策としては基本中の基本。ですから、ブログアフィリエイトを実践したことがあるなら誰しもが一度は聞いたことがあると思います。

ですので、SEO対策がしっかりと行われている記事が検索エンジンの結果1ページ目に表示されている場合、ライバル(アフィリエイターのブログ)が多いと判断できる訳です。

(SEO対策に関する記事はこちらにまとめてあるので、チェックしてみてください。)

逆に、記事タイトルにキーワードが全て含まれていない(例えば、狙ったキーワードが3語なのに、2語しか含まれていないなど)ブログが多ければ多いほど、ライバルが少ないと判断できます。

また、記事タイトルとは少し違いますが、ライバルの数を検索結果一覧から判断する方法として、ブログの種類があります。もし、検索結果に表示されたブログの中に、1つでも無料ブログが存在する場合、ライバルが弱い可能性が高いです。何故なら、無料ブログよりもワードプレスの方が同じ記事数で同じ品質の場合、ワードプレスの方が有利だからです。それにもかかわらず、無料ブログが10位以内にいるのであれば、それはライバル数自体が少ない可能性が高くなります。もちろん、無料ブログの数が多ければ多いほど、ライバル数が比例して少なくなるので、ブログの種類もあわせてチェックしてみてください。

 

ブログの総記事数・ブログの運営歴

先ほどと同じく、検索結果に表示されたライバルブログをチェックしていきます。

ここからは実際にブログの中身を開いでチェックしていく必要があります。

 

チェックするポイントは「記事数」と「運営歴」の2つ。

 

当然ですが、記事数が多く運営歴が長ければ、ドメインパワーが強い可能性が高くなります。(記事やブログの品質によっては、記事数がいくら多くてもドメインパワーが強くならない可能性もあります。)

ですから、ここで意識したいのは、そのライバルサイトを超えることができるのかどうか?というポイントを意識してチェックしてみてください。

 

物理的な記事数を超えるのは難しかったとしても、記事の質やオリジナリティなど、ユーザー満足度でライバルのサイトを超えることができれば、抜くことは可能です。

ですからまず、上位に表示されているブログを抜けるか、ライバルよりも品質の高いブログを構築できるか?という視点でライバルサイトをチェックしてみてください。

 

1つの目安として、運営歴=1年以内、記事数=100記事未満のブログが10位以内にいくつあるか?になります。これが多ければ多いほど、ライバルサイトは弱いと判断しても良いでしょう。逆に、5年以上の運営歴で、記事数も300を超えるようなブログがうじゃうじゃいるなら、そこは避けた方がいいかもしれませんね。

 

記事の文字数・品質

先ほどと少し被る部分ではありますが、ライバルサイトとは蹴ちらす相手です。

最終的に狙うべきは”検索エンジンの1位”だというお話はすでにお伝えしていますよね。

ライバルの記事を超える品質を自分でかけるか?ライバルサイトにはないオリジナリティ、付加価値を提供できるのか?という視点でライバルサイトのチェックをしてみましょう。

結局、1位になるためには、今現在上位に表示している記事を蹴散らして、自分が1位にたどり着く必要がある訳です。

そうなると、ライバルサイトとお友達ーなんて言っている余裕はなく、全ての面で超えていく意識を持ちましょう。

その上で意識すべきポイントとしては、記事の文字数、クオリティ(品質)が挙げられます。

ライバルサイトをチェックする際のポイントは、悩みを持ったユーザーになりきって記事を読んでみる、ということ。

狙ったキーワードでユーザーが知りたいこと、付加価値として喜ばれることを知るには、ユーザーになりきることも大切です。

実際に悩みを持っていなくてもいいので、妄想を膨らませて検索エンジンで検索をしたユーザーになりきりましょう。

その上で、

  • なぜこの記事が上位表示しているのか
  • 知りたい答えをどうやって提示しているのか
  • 内部リンクはどうやって設定しているのか
  • 商品は何を紹介しているのか

など、くまなくチェックしていきましょう。

 

ライバルサイト+α

ライバルチェックの目的の一つは”ライバルの強さ”をチェックして、参入しても勝ち目があるか?を確認することですが、それだけではありません。

もう一つの大きな目的、それは「記事を書くときの情報を抜き出す」ということ。

 

記事を書くときに1から全てを自分の経験値や知識から書くのは正直無理、、いや、無理ではないのですが時間効率的にも悪すぎます。

 

だから、”モデリング”するという考え方が非常に重要になってきます。

例えば、「筋トレ 自宅 腹筋」というキーワードで記事を書くことになったら、ライバルチェックで実際に開いたライバルのブログから見出しを抜き出しておきましょう。

このときに重要なのが、10位までのブログ全ての見出しを抜き出すこと。(被っている見出しは必要ないので、被っていない見出しを全て洗い出す)

 

すると、1位のブログにはあった見出しが、2位、3位のブログにはなかったり、逆に5位のブログにしかない見出しなどが見つかってきます。

その見出しをメモ帳にメモっておきましょう。

 

この時点でライバルサイトにはないオリジナルな記事構成が出来上がる訳です。

これをベースに記事を書き、+αで自分の意見や見出しを追加して記事を書いていけばいいのです。

 

ライバルから盗み出す情報は以下のとおりです。

  • どんなキーワードで記事を書いているか
  • どれくらいの更新頻度なのか
  • 総記事数はどれくらいか
  • 記事の品質はどの程度か
  • メインで訴求している商品はなにか?

とにかく徹底的に調査しましょう。

 

その時に、どんなキーワードでアクセスを集めて、どのページに誘導して、どんな商品を訴求しているのかが慣れてくれば分かるようになります。

そこまでわかってくれば、どんなキーワードが狙い目なのかもなんとなく見えてくるはずです

 

ライバルサイトをチェックする最大の理由、それは

「ユーザーから評価されている理由を探る」

ということです。

 

狙ったジャンルのキーワードで検索をした時に上位表示しているブログ。

という事は、その時点でユーザーから評価されているブログという事になります。

 

検索エンジンで上位表示するには、Googleから評価される必要ありますが、その判断基準の一つがユーザーの満足度です。

滞在時間だったり、ページセッションだったり、、ユーザーがブログに訪れて満足して帰っていったのか?

それをGoogleは認識して、ブログを評価します。

 

ユーザーの悩みを解決して、付加情報まで提示、満足度が120%の状態になるユーザーが多ければ多いほどGoogleから評価されます。

そうすれば、自然と上位表示して、アクセスが集まる訳です。

 

で、上位表示しているライバルサイトとは、その時点でGoogleから評価されている訳ですから、そこから盗める物は全て盗むべきです。

「モデリング」

と言ったりもしますが、成功者から道筋を教えてもらった方が、一からやっていくよ確実に早いですよね?

 

ライバルサイトは、成功者ともいえますから、その成功者からどんどんネタを盗んで真似ていきましょう。

もちろん、メインの題材でもある「キーワード」も盗めるのもは盗めば良いんです。

 

とは言っても、コピペしちゃダメですよ。

コピペしても、Googleにはすぐなバレてペナルティを受ける事になるだけです。

 

あくまでもモデリング、真似をするだけです。

忠実にモデリングをしていけば、間違いなく結果が出ます。

 

そして、ある程度結果が出てくれば、上位表示する記事、しない記事、アクセスが集まっているキーワードが分かってきます。

そうなった時に、自分オリジナルのキーワードやカテゴリを作ったりして、よりアクセスが集まる施策をしていけば良いんです。

 

お宝キーワードが閃く簡単なテクニック

ブログのジャンル、ターゲットも決まった、、でも実際に記事を書き進めていくと、書くキーワードが無くなってしまった、という悩みを抱える方が結構多いのも事実。

虫眼鏡キーワードが少なくて・・

と相談を受けることが結構あります。

そんなときに決まってアドバイスしているのは『視点・抽象度を上げて考えてみてください』ということ。

 

例えば先日、コンサル生から同じような質問を受けました。

彼女は、ヨガの講師をしていて、自分の経験をベースに健康法やダイエットなどを女性に伝えていくメディアを構築しているんですね。

 

そこで、詳しく聞いてみるとヨガというキーワードをベースに記事を書こうとしていました。

要するに、検索エンジンで「ヨガ」と検索して出てきたキーワードをもとに記事を書いていたんです。

 

そこで「ヨガというキーワードではなく、例えば女性が抱えている悩み”ダイエット”、”健康”、”美容”のキーワードを抜き出して、その記事を書く中で、ヨガインストラクターとしての意見を入れていきましょう」とうアドバイスをしました。

 

ここで大事なのが、何を語るのか?ではなく誰が語るのか?を意識するということ。

ネットが当たり前の現代、ブログアフィリエイトを実践するユーザーもとても増えました。

 

従来通り、他人の記事をコピペしただけのブログは確実に淘汰されていきます。今後生き残れるブログとは「本物の体験価値、誰が語るかを明確にしたブログ」です。

今回の例で言えば、ヨガインストラクターが語る美容や健康、ダイエットに関する情報を聞きたいと思うユーザーはかなり多くいます。

 

例えば、流行りの(トレンド)ダイエットサプリがあるとします。

多くのアフィリエイトサイトは、実際の商品を取り寄せて”実際に飲んでいる風”の体験レポート記事を書いているだけ。

なので、本物の情報(価値のある情報)ではありません。

 

が、それを”ヨガインストラクターという管理人目線で解説したらどうでしょう??

別にウソの体験レポートをしなくても、配合されている成分を見てダイエット的にはどうなのか?美容や健康には良いのか?を語るだけでオリジナルな価値のある記事となります。

そこに、実際に商品を試した結果があれば完璧ですけどね。

 

抽象度を上げて考える、何を語るかではなく誰が語るか、これはブログのアクセスを増やすうえでとても重要な考え方なので覚えておいてください。

 

狙ったキーワードで上位表示させるテクニック

初心者でも扱えるお宝キーワードを探すテクニックについては、全てお伝えしました。

少し覚えることが多いかな…と思ったかもしれませんが、余計なことは1つも説明していません。

ブログアフィリエイトにおける一番の”肝”であるキーワード選定のスキルを詳しく解説をしていますので、何度も読み返しながら自分のものにしてくださいね。

 

で、お宝キーワードを折角探せたとしても、そのキーワードで書いた記事がユーザーにとって価値のないものであれば意味がないのです。

繰り返しになりますが、ブログアフィリエイトで結果を出すには検索エンジンを攻略すること。

狙ったキーワードで上位表示させることが重要だとお伝えしました。

 

そのためには、ユーザーが悩みを解決するために検索エンジンを使って検索した際に、的確な答えを提示してユーザーに満足してもらうことが大切です。

そこで欠かすことが出来ないテクニックの一つに”ブログライティング”があります。

 

ブログライティングとは、ブログとコピーライティングを掛け合わせた造語のこと。

要するに、読まれる記事(文章)を書くためのテクニックです。

 

人(ユーザー)に対して、こちらが思っているコト、主張したいコトを分かりやすく説明するのは想像以上に大変です。

 

例えば、ブログで何かの商品を紹介して購入してもらうとしましょう。

何も考えずに、「この商品はおすすめです!」といった所で、商品を購入してはくれません。

 

何故、その商品がすぐれているのか?他の商品との違いは?使用した時に得られる効果は?最安値で購入する方法は?などをしっかりと伝え、かつ限定性や緊急性で広告をクリックしてもらう、、などなど、様々なテクニックを使わなければ商品は売れません。

 

というよりも、文章を読み進めてもくれません。

折角、お宝キーワードで上位表示させてブログに訪れてもらっても、文章が読まれない=離脱されてしまうということになります。

だからこそ、”読まれる文章を書くスキル”=”ブログライティングスキル”を磨くのは、キーワード選定スキルを覚えるのと同じくらい重要なのです。

以下の記事一覧では、ブログライティングに関する基本的なテクニックを解説した記事をまとめているので、是非チェックしてみて下さい。

ブログライティング記事一覧

 

初心者におすすめするブログ種類は?

ブログライティングスキルを学ぶには、上記の記事でテクニックを学ぶのも大切です。

が、それ以上に重要なポイントが”文章を書き続ける”こと。

 

ユーザーを意識しながら文章を書き続けていれば、自然とライティングスキルは向上します。

1日10時間やるんじゃなくて、毎日15分でも良いから継続をする。これこそがコピースキルを身につける最短距離となります。

 

それで、コピースキルを身につける上で、文章を書き続けながら収益も上げることが出来る方法が存在しています。

それが、ごちゃ混ぜブログと呼ばれるブログ種類です。

 

ブログの種類には大きく分類して以下の3種類があります。

ブログ種類

 

で、初心者に注意してほしいポイントの一つが、ブログ種類を間違えないということ。

答え方お伝えすると、初心者が特化型ブログやオウンドマーケティングブログを立ち上げても成功する可能性は非常に低いです。

 

その大きな理由は、難易度が高いから。

難易度が高いという事は、ライバルが強く上位表示までに時間が掛かったり、オウンドマーケティングの場合は、メルマガやオリジナル商材の開発など覚えることも多く初心者が挑戦しても途中で挫折してしまうでしょう。

結果が出るまでの時間が長ければ長いほど、モチベーションが維持できず、記事を書き続けることが出来なくなります。

 

先ほどもお伝えした通り、ブログライティングスキルを身につけるには、文章を書き続けるしかありません。

だからこそ、モチベーション低下が目に見えている難易度の高いブログ種類には挑戦せずに、難易度の低い種類から挑戦すべき。

 

そのブログ種類こそが”ごちゃまぜトレンドブログ”となります。

詳しくは別の記事で解説しますが、色々なネタでかつトレンド(旬なネタ)を扱うため、ライバルが弱い・不在なのに検索需要が高いキーワードを狙えるのがごちゃまぜトレンドブログの特徴です。

ライバルが不在という事は、初心者の状態でも上位表示がしやすく、検索需要もあるので、爆発的なアクセスを集めることが可能です。

 

アクセスを集められれば、報酬も発生するためモチベーションを高く維持しやすく、記事を書き続けることが可能です。

また、記事を書くスキルだけではなく、

  • アクセスが集まる感覚
  • アクセスが集まるキーワード選定

のスキルを同時に学べるのがこのブログの特徴の一つです。

 

ごちゃまぜトレンドブログ

 

ここである程度スキルを身につけた状態で、特化型ブログやオウンドマーケティングブログに移行していく。

そして、収入の柱を増やしていく、というのが王道のネットビジネスで稼ぐ方法です。

 

最速でアクセスを集めるテクニック

※準備中

 

まとめ

今回の記事では『お宝ブログネタを探し出す究極テクニック』というテーマでお伝えしました。

ドメインパワー(ブログパワー)が弱い初心者が、競合揃いで検索ボリュームが大き過ぎるブログネタを狙っても勝ち目はありません。

まずは、複合キーワードでライバルが弱いブログネタで上位表示を狙っていきましょう。

 

そんなライバルが弱くて、かつある程度の検索ボリュームが見込めるブログネタを探すには、虫眼鏡キーワードやサジェストキーワードを有効活用してください。

ブログネタを見つけたら、キーワードプランナーなどの検索ボリューム調査ツールを使い検索ボリュームを調査して狙えるか?狙えないか?を判断。

 

また、お宝ブログネタを探すにはライバルサイトの存在も欠かせません。

1から全てを生み出すのではなく、成功者のモデリングをしていくことが最短で結果を出す究極のテクニックだったりします。

ライバルサイトから盗み出せる情報は山のようにありますが、記事中でご紹介した内容をまずは意識してライバルサイトのチェックをしてみてください。

ライバルサイトを超えるサイトを構築することができれば、確実に上位表示してアクセスが集まるブログとなります。

(ある程度のプログパワーがつくまでに、定期的な記事更新をしているケースだと、おおよろ3ヶ月程度かかります。ですから、3ヶ月はアクセスは集まらないものだ!という前提で始めた方が良いかもしれません。)

 

狙うブログネタによっては上位表示まで時間がかかることもありますが、大事に育てていけば結果は確実についてくるので、この記事に描かれえているテクニックを存分に使ってブログネタ探しをやってみてくださいね!!

 

この記事を読んだあなたには以下もおすすめです!

 

でっちん 公式メールマガジン

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です