叱らない子育ての弊害とは?本を鵜呑みにすると危険な理由とは?


この記事のライター
ブログコンサルタント:笠原 英樹(でっちん)

サイト管理人の存在を知らない方はプロフィールを参考にしてください。

>>回覧注意のプロフィール

 

この手紙は、

子育てを頑張っているあなた

に向けて書いた。

 

もし子育て中のあなたが、

  • 自分は子育てに向いていない…
  • 自分だけダメ親なんだ…
  • 子育て本に書いてあるようにできない…

そんな風な悩みを少しでも抱えているなら、
是非このメッセージを読んで欲しいと思います。

 

旦那が協力してくれない…とか、
周りにサポートしてくれる家族がいない。

姑からの嫌味、周りからのプレッシャー。

子供は言う事を聞かない。

日々のストレスの中、
イライラが爆発してしまうことも
絶対にありますよね?

 

子供が生まれる前に想像していた
子育て(理想)が出来ないというギャップに
悩んでいる女性も多いのではないか、と。

 

でも、それはあなただけじゃない。

まずそれを強く言いたい。

 

また、子供がいて奥さんが子育て中だ
という男性陣にも是非チェックしてほしい。

 

叱らない子育ての弊害とは…?

 

【叱らない子育て】

親なら誰だって憧れる。

 

子供がこの世に誕生した瞬間
生まれてきた時は天使だと思った。

 

虐待をする親なんて信じられない、
そんな風に思ったこともある。

『子供の可能性を伸ばすために
叱らずに褒める子育てを。』

 

子育て本、子育てを特集したテレビでも、
専門家がドヤ顔で子育てを語っている。

 

まぁ、その専門家が現在進行形で
子育て中ならば百歩譲って許せる。

でも、既に子供が独り立ちしていたら
そんな意見は理想論でしかない。

 

仮に、本の著者や、専門家の子育てが
理想論通りだったとしよう。

でもさ、子育ては本に書いてある通り
になんて絶対に行かない。

 

何故なら、

「子供も親も十人十色」

だからだ。

 

子育てに100%正解なんて無いんだよ。

っていうかさ、、、。

 

そもそもなんだけど、
分かってるんだよこっちは。

 

褒めて育てたほうが子供の
能力が伸びることも。

可能性を否定するような
ことを口にしないほうが良いことだって。

ですよね?

 

でもさ、
子育てってそんな単純じゃない。

 

  • 思い通りにいかないこと。
  • 夜泣きで寝不足になること。
  • 姑や周りからのプレッシャー。

 

ストレスが溜まって限界に達し
声を荒げてしまうことだってある。

時には、子供に手を上げてしまいそうに
なる事だってあるはずなんだ。

 

でも、そんな時に一番良くないのは、

「自分だけがダメな親なんだ」

って思っちゃうことだと思う。

 

これこそが、”子育て本”の内容が正しい
と思い込むことの一番の弊害だ。

 

子育ては母親の成長でもある

 

決してそんな事ないし、
あなたは精一杯頑張っているんだよ。

 

ストレスが溜まって爆発するのも、
イライラするのだって、結局は、
愛する子供のためを思ってのこと。

なのに、ストレスが限界に達すると、
その矛先が一番そばにいる
子供に向いてしまうだけ。

 

生まれて来る前から、子供のことを
憎んでいる親なんていないんだ。

虐待をしちゃう親だって、
最初からしようと思っていたわけじゃない。

でも、想像を絶する子育ての環境から
心と体のバランスを崩してしまう。

 

だから、
自分のことを責めてしまうくらいなら
子育て本なんて読まないほうがいいし、
理想論しか言わない人の意見なんか
聞かなくていい。

 

だって、
自分を否定するって事は、
結果として子供を否定することに
つながってしまうから。

そうなると、
全てが上手くいかなくなる。

 

あなたの子供の親はあなたしかいない。

子供を守れるのもあなたしかいない。

 

 

大事なのは、
「子供と一緒に一歩ずつ成長する」
という意識だと思う。

 

特に、一番初めの子育てなんてさ、
右も左も分からないでしょ?

そんなんで、理想の子育てなんて
誰も出来っこないって。

 

だから、失敗もするし、
やっちゃいけないと分かっていることも
理性が効かなくてやってしまうかも知れない。

 

でも、決して自分を責め続けることは
避けて欲しいな。

反省していくこと、成長していくことは
とても良いことだ思う。

 

「なんでこんなことしたんだ、、
自分はダメ人間だ、、」

と考えるのではなくて、

「どうしてイライラが爆発した?
避けるために出来たことは?」

と考える。

 

赤ちゃんが生まれた時、
あなたは「ママ」として誕生したんだよ。

赤ちゃんと一緒にね。

 

だから、子供と一緒に時間をかけて、
成長していこうよ。

 

大丈夫、愛情さえしっかりとあれば
それが子供にも伝わるからさ。

 

パパ(お父さん)に読んで欲しいこと

 

少しだけ話が逸れるけど、、

いや、最近つくづく思うのは、
母親は本当に偉大だよなぁ~ってこと。

 

赤ちゃんを10ヶ月間もお腹の中で育て、
死と隣り合わせの出産をする。

その後もご飯を与え続けて育て続ける。

 

もし、あなたが男性で家族がいる
幼い子供がいるならこれを伝えたい。

マジで、
男なんてほとんど出来ることないからw

 

だからせめて、
出来る限りのサポートはしなきゃだめ。

お金位さ、周りより多く稼ごうぜ!!

もし、

  • 家庭を支えているのは俺だ!
  • 外でストレス抱えているんだ!
  • 子育ては女の仕事だ!

とか未だに考えているのだとしたら、、、

今すぐに改めた方が良いよ。

 

そんな時代はもうとっくに終わってる。

というか、そんなこと昔からないし。

 

と、、偉そうなこと言ってるけど、
昔は僕もそういうフシがあったんだよ。

 

奥さんが子供に怒鳴っているのをみて

(なんで褒めて育てないんだよ…)

と思ってみたり。

 

姑との仲が険悪になった時も

(専業主婦なんだから、
それくらい上手くやれよ…)

と口走ってみたり。

 

(家事をもっとしっかりやってよ…)

とか考えてみたり。

 

ちなみに、実際に口に出した時は
修羅場でしたけどねw

今考えると、最低だわ。

 

子育てってさ、
マジで大変だからね。

やっぱ、お互いのリスペクトが
大切だな、と思う。

 

そして、出産を経験していない以上
男性は弱いってやっぱ。

弱いって表現が良いかどうかは置いといて、
奥さんに感謝しないと。

出来る限りの事はやっていこう。

 

確かに、会社に毎日いって
お金を稼ぐことは凄い事だよ。

それは自信を持っていいし、
誇っていいことだと思うよ。

満員電車にのり、
いう事を聞かない後輩の面倒に、
これまたアホな上司に客の相手。

本当に大変だよね、分かるよ~。

 

でも、それ同等、いやそれ以上に
子育てって大変なんだよ。

一度、1週間くらい仕事や済んで
1人で子育てやってみ。

マジで死ねるから。

 

あと、

「専業主婦なんだから」

という考えもマジデヤバイよ。

子供と缶詰状態で子育てをする。

これもかなりのストレスだから。

 

ちょっと発想を転換をするとさ、
僕たちは電車の中、会社の中とか
1人の時間を満喫できるよね?

仕事中だって、ずっと集中なんて
絶対にしていないよね?

(僕なんて、本業の4割くらいは
ビジネスのこと考えているしね)

これって楽でさ、
小さな子供がいたらそうはいかない。

 

それこそ、1秒たりとも目を離せない
って時期もあるんだよ。

ずっと気が抜けないって本当に大変なこと。

 

だから、自分だけが頑張っている。

という考え方は今この瞬間に捨てた方がいい。

 

ビジネスをしている子育て中の女性へ

 

それで、最近ふと思ったんだけど、
僕のところに相談に来る人って、
かなり女性が多いんですよ。

「アフィリエイトでお金を稼ぎたい!」

って。

 

子育て真っ最中の主婦の方だったり、
子育てはひと段落した女性だったり。

 

コンサル生がいるんだけど、
とにかく根性があるのが女性。

(いゃ、男性陣に根性がない
わけじゃ無いけど、女性が目立つww)

 

幼い子供を子育てしながら
毎日必死に行動し続けてる姿を見ると、
マジで凄いと思う。

 

時には、子供が体調を崩したりで
作業できなくて精神的に参ってる
時もあるんだけど、

それでも手は絶対に止めない。

やっぱ、女性は強いね。

男性も負けてらんないぞー!
(もちろん僕も)

 

それで、
このメールを読んでいるあなたも
もしかしたら子育てをしながら
ネットビジネスに挑戦してるかもしれない。

そんなあなたに伝えておきたいことは、
「無理しすぎちゃダメだよ」
ってこと。

 

さっきからいってるけど、
女性はとにかく根性がある。

しかも、負けず嫌いな人も多くって、

 

「皆んなは私より先に進んでいるから、
もっとやらなくちゃ!」

 

と言いながら、
睡眠時間を削りすぎちゃったり。

要するに頑張りすぎちゃう。

 

でもさ、やっぱり人間って限界があって
無理しすぎるとどこかにガタが出るんだ。

だから、できる範囲で継続する。

これが一番大事。

 

 

あとは、人と比べる必要は無いよね。

 

いま、自分が置かれている環境で
100%努力すること、成長すること
これだけにコミットすれば良いだけ。

 

忘れちゃいけないのは、

子供にとっての母親はあなたしかいない。

ってこと。

 

無理をして体を壊したら、
誰が面倒を見るの?

そうなっちゃうと、結果として、
作業出来ない期間が増えるだけ。

 

だから、優先順位を間違えないこと。

子供が1番、自分の体が2番、最後にビジネス。

 

今は思うように時間が確保できなくて
イライラすることもあるかもしれない。

でも、少ししたら落ち着くし
保育園や幼稚園に行くようになれば
時間だって増えるから。

今の大変な時期は永遠じゃない。

 

それに、この大変な時期に
手を止めずに継続できていれば
時間が出来た時に必ず爆発する。

 

子育てしながらのビジネスって、
色々と悩みもあると思う。

で、子育ての事で悩んだら、
この手紙で伝えたことを思い出して欲しい。

 

大丈夫、あなたは頑張っているよ、
精一杯愛情を注げている。

だから、
自信を持って子供と接して欲しい。

 

根っこの部分、芯の部分で愛があれば
子供には必ず伝わっているからさ。

 

最後に

今回は、
子育てを頑張っているすべての女性
に向けて手紙を書いてみました。

(特に、ビジネスに挑戦する・したい女性)

 

後は、そんな女性の一番そばに居る
パパ(男性)に伝えたいことも。

 

子育てにしても、夫婦関係にしてもさ、
やっぱり現実的に満たされていたほうが
絶対にいい。

言い方はあれだけど、
貧乏よりも裕福の方が圧倒的に
心に余裕ができる。

 

そうすれば、
子育てに向かう時、
精神的にも楽になるしね。

 

子育て本を一生懸命読んで
理想の子育て(理想論)を追い求めるより
まずは自分の〝心を整える〝こと。

そのための環境づくりを
して欲しいなって思う。

で、心を整えるにはやっぱり
余裕がないとダメだと思う。

 

子供が成人し、あなたの手を離れた時

『大変だったけど楽しかった!!』

と誇れるように。

 

追伸:

あなたに質問があります。

激務の会社員がブログやインターネットを活用して、少ない作業量でも毎月100万円以上の副収入を稼いでいると言ったら、信じられますか?

「そんなの嘘に決まっている!怪しすぎる、この詐欺師!」

と思われるかもしれませんが、断言します。

「正しい手法で作業を継続すれば、誰にでも確実に実現可能です。」

 

しかも、ブッラク企業に勤める時間がほとんど無いサラリーマンでも、です。

そのための方法を、分かりやすく解説した、私の会員限定レポートを期間限定で無料プレゼントしています。

パソコン初心者であっても、文章を書くことが苦手だとしても、初心者が3ヶ月間で10万円の不労所得環境を構築する新手法のアフィリエイトブログ戦略について解説をしています。

 

アフィリエイトは飽和していてもう稼げない・・トレンドネタを追いかけ続ける日々に疲れた・・そんな悩みを抱えている方も多いかもしれませんが、このレポートを読めばきっと、

「あ!ブログアフィリエイトで稼ぐってこんなシンプルなことだったんだ!」

という事実を理解できるはずです。

間もなく無料プレゼント期間は終了しますので、今のうちにあなたもダウンロードして、隙間時間でも自宅でリスクなく稼ぐ為のスキル・知識・テクニックを全て習得しておいてください。

 

こちらから無料ダウンロード出来ます。

次世代資産型ブログアイフィエイト戦略とは?

 

あなたにはこちらの記事もおすすめ!

 

でっちん 公式メールマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です