グッドキーワード使い方完全マニュアル!”稼げる”キーワードを見つける方法とは?


この記事では、複合キーワードを抽出する無料ツール『goodkeyword(グッドキーワード)の効果的な使い方』について解説をする。

グッドキーワードの使い方マニュアル

まずは、以下のURLからグッドキーワードにアクセスする。

>>goodkeyword(グッドキーワード)はこちら

 

キーワードを入力して検索

使い方は『①キーワードを入力』して『②検索』ボタンを押すだけ。

すると、検索窓の下に検索結果が一覧として表示される。

『Google.co.jp より』:Googleのサジェストキーワード(複合キーワード)から検索した結果が表示している。

『Bing より』:Bing のキーワード(複合キーワード)から検索した結果が表示している。

※検索エンジンの違いがあるため、2つ表示している。

 

表示されたキーワードを全てコピー』は、重複キーワードを除くすべてのキーワードをコピーすることができる。

キーワードプランナーで、このキーワードを使って検索ボリュームを調査することができる。

 

更に下位の複合キーワード調査

検索結果のリンク(キーワード)を選択する。

更に、下位の複合キーワードが表示する。(上の画像だと『アフィリエイト とは』という2語キーワードのリンクを押下したことで、その下の複合キーワード『アフィリエイト とは 英語』『アフィリエイト とは wiki』といった3語キーワードが表示している。

 


1 個のコメント

  • こんにちは。
    お邪魔します。

    キーワードを選択すると、出てきます。このキーワードは、既にネット上で検索されているものですよね。何方か使って「調べるときに検索するときの文言」
    これを使うと、大勢の中の一人状態で、埋もれてしまうので、こうやって調べて
    使われいないワードを組み合わせる?
    全く検索されないと、引っかからない。
    どのあたりを見るのか?
    真ん中くらいの検索キーワード+一語
    とかにするといいのかなぁ。
    悶々としています。(笑)
    ただ、どういうキーワードにするかという事を調べるときは、
    この検索は使えますね。
    色んな検索ツールで、キーワードプランナーとかよく聞きます。
    これは優良いえいえ有料の広告設定があるようで、広告を出すという
    事まではまだ考えていないので、今日教えてもらった検索つールを
    試してみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です