ブログ初心者でもできる!ブログ記事の書き方テンプレート


 

この記事では『ブログ初心者でもできる!ブログ記事の書き方テンプレート』をテーマに、初心者でも読まれるブログ記事が書けるブログ記事テンプレートをご紹介します。

ユーザーから読まれるブログ記事にはテンプレート(型)が存在しています。

ブログ初心者だと記事の書き方にも慣れていないので、どうやって書けば良いかわからずに時間だけが過ぎて行っちゃいますよね?

 

テンプレート(型)に沿って記事を書いていけば、ブログ記事作成の時間短縮になりますし、読まれるブログ記事が書けます。

それぞれのパーツについて解説しますね。

 

ブログ記事の書き方テンプレート

記事タイトル

まず、ユーザーに記事を読んでもらうにはブログにアクセスしてもらう必要があります。それには、検索エンジンで狙ったキーワードで記事を上位表示させなければいけません。

例えばこの記事は『ブログ記事 書き方 テンプレート』というキーワードに検索需要があることが分かったので、書いています。 

検索エンジンで上位表示させることをSEO対策と呼びますが、対策の一つが記事のタイトルです。検索エンジンに対して、この記事ではこのキーワードについて書いてありますよ!と伝える必要があるわけです。

膨大なブログの中からユーザーが求めるブログを探しだすのは、検索エンジン=ロボットですから、しっかりと記事で書かれている事を伝えてあげましょう。

記事タイトルで意識する3つのポイント
  • キーワードを含める
  • タイトルは32文字以内
  • 読みたいと思わせるタイトルを付ける

 

キーワードを含める

記事タイトルのSEO対策の一つ目がキーワードを記事タイトルに含めること。

例えばこの記事が『読まれるブログはこうして作る!』というタイトルだとどうでしょうか?恐らく『ブログ記事 書き方 テンプレート』というキーワードで検索した時の上位には表示されないでしょう。

なぜなら、狙っているはずの『ブログ記事 書き方 テンプレート』のキーワードがほとんど記事に入っていないからです。

狙ったキーワードは余すことなくすべて記事のタイトルに含めることが大切です。

この記事の実際のタイトルは『ブログ初心者でもできる!ブログ記事書き方テンプレート』ですから、狙っているキーワードが全て含まれていることが分かります。

狙うキーワードの数には注意が必要です。初心者の方は、多くのキーワードを狙った方がアクセスが集まりそう!という理由でキーワードを多く狙いすぎる傾向があります。タイトルに含めて良いキーワードの数は4つまで(できれば3つ)と覚えておきましょう 

また、キーワードを狙う時に、注意したいのが単体キーワード(1語キーワード)から派生した複合キーワードを狙うということ。

極端な例で言うと、『ブログ記事 書き方』『ワードプレス 設定方法』という2つのキーワードを合体させて、『ブログ記事 書き方 ワードプレス 設定方法』という4語キーワードを狙う人が多くいます。(ブログ記事とワードプレスは一応関連しているので、狙っても大丈夫だと勘違いしてしまう)

これだと、ブログ記事の事に付いて知りたいユーザーと、ワードプレスの事に関して知りたいユーザーでは別になるのでダメです。

あくまでも、『ブログ記事』であれば、そのキーワードの複合キーワードを狙って記事を書いてください。

キーワードの狙い方や複合キーワードの考え方に関しては『初心者がアフィリエイトで稼げるブログネタ・キーワードを探す方法【保存版】』こちらの記事で詳しく解説しています。

 

32文字以内に収める

GoogleやYahoo!などの主要な検索エンジンでは、結果一覧に表示されるブログ記事の文字数は32文字となっています。

以下のように、検索結果として見切れてしまっているブログも目立ちますが、これは避けた方が良いです。

なぜなら、見切れた箇所に重要なキーワードが隠れている場合、ユーザーの目に留まらないからです。

ですから、ブログ記事のタイトルを付けるときには、文字数を32文字以内に収めるという事を徹底してください。

 

読みたいと思わせるタイトルを付ける

検索エンジンで上位表示ができても”魅力的なタイトル”でなければクリック率は下がります。

特に、ライバルサイトと似たり寄ったりのタイトルだとクリック率が下がるだけではなく、順位自体も下がる傾向にあるので注意しましょう。

ライバルとの差別化を図れないか、思わずクリックしたくなる記事タイトルを付けるようにしましょう。

以下に、記事タイトルを付ける際のサンプルテンプレートを3つほどご紹介しておきますね。

 

記事タイトルのテンプレート
  • もう迷わない!ブログ記事の書き方テンプレート10選!
  • 読まれるブログ記事は書き方テンプレートが肝だった?
  • 滞在時間アップ!ブログ記事の書き方テンプレートのヒミツ!

 

導入部分

ブログに訪れてくれたら、最後まで記事を読んでくれるんでしょ?という考えている方も多いです。

しかし、これは完全に間違っています。ユーザーはブログに訪れてから数秒以内にそのブログの記事を読み進めるかどうか?を決定しています。

そので重要になってくるのが記事の導入部分、書き出しの部分です。

ここでユーザーの心をがっちりと掴んでおかなければ、一瞬で離脱してしまうという事を理解しておきましょう。

導入部分で意識するポイント
  • 記事で知ることができるコト
  • 2つの欲求を刺激せよ

 

記事で知ることができるコト

検索ユーザーがブログに訪れる理由は1つ。答えを知るためなのです。

ですから、記事の導入部分でしっかりと”その答えを知ることが出来るよ”という事をユーザーに教えてあげましょう。

要するに、記事を読むことで何を知ることが出来るのか?この記事では何を伝えているのか?を分かりやすく端的に伝えてあげることが大切です。

ここで答え以外の事をダラダラと語るのも絶対にやめましょう。

まずはユーザーに『おっ、この記事なら知りたい答えが書いてありそうだ!』と思って貰わなければいけません。そう思ってもらえてはじめて、記事の本文を読み進めてくれるのです。

 

2つの欲求を刺激せよ

答えの部分を提示しただけでも読み進めてくれる可能性は高いですが、もう少し念押しをしておきましょう。

それが、心理学に基づいた人間の欲求を刺激することです。

僕たち人間には”得たい欲求”と”避けたい欲求”があるのですが、これを上手く刺激してあげることで記事を読み進めてもらいやすくなります。

そして、この2つを上手に刺激するには、未来=”ベネフィット”を説明してあげること。

例えば、避けたい欲求であれば、ユーザーは困っている事、悩んでいる事がある訳ですから、その悩みを解決しないことで訪れる未来について語ってみましょう。

逆に得たい欲求の場合も、悩みを解決することで得られる未来を語ってあげることも大切です。

未来を提示してあげることで読むべき理由がユーザーの中にできるので、記事を読み進めてもらえる可能性が高くなります。

 

導入部分のテンプレート
  • この記事では『ブログ初心者でもできる!ブログ記事の書き方テンプレート』をテーマに、初心者でも読まれるブログ記事が書けるブログ記事テンプレートをご紹介します。
  • この記事を最後まで読むことで、直帰率が下がり滞在時間もアップするので上位表示しやすい記事を書くことが出来るようになります。
  • ブログ記事の書き方テンプレートをしらないまま記事を作成していると、時間が掛かるだけではなくユーザーに読んでもらえない記事を量産することになります。

 

記事本文

記事本文では、ユーザーが知りたい答えを提示してあげることはもちろん、その答えを解説するための補足情報などを書いていきます。

記事本文で意識する2つのポイント
  • 見出し設定
  • タイトルとリンクした内容

 

見出し設定

先ほどの記事内目次で少し触れましたが、記事の本文では見出しを使って記事を構成していきましょう。

文字だけのブログ記事は読みにくいだけではなく、大事なことがどこに書いてあるのかもわかりにくくなってしまいます。

見出しを使うときのポイントは、大見出し⇒中見出し⇒小見出し‥という感じで見出しを使い分けること。

この記事の場合、以下のような見出し設定になっています。

1 ブログ記事の書き方テンプレート
1.1 記事タイトル
1.1.1 キーワードを含める
1.1.2 32文字以内に収める
1.1.3 読みたいと思わせるタイトルを付ける
1.2 導入部分
1.2.1 記事で知ることができるコト
1.2.2 読まなければいけない”強い”理由

このように、段落分けして伝えたい項目ごとに見出しを設定しておくことで、ユーザーにとっても読みやすい記事となる訳です。

見出しを設定するときに意識したいのが以下の2つ。

  1. 見出しにキーワードを含める
  2. 見出し間の文字数

SEO的にも見出しにキーワードを含めるのは効果的。タイトルや本文にキーワードを含めるのも当然ですが、見出しにも自然な形でキーワードを含めましょう

2つ目のポイントは、見出し間の文字数を500文字以内にするということです。これ以上の文字数になるときは、小見出しで分けることが出来ないか?を意識すると、より読みやすい記事構成を作ることが出来ますよ。

 

タイトルとリンク

記事本文は、あくまでもキーワードの答えを書くことだけを意識しましょう。

文字数を増やすことだけを意識して無駄な事をツラツラと書いてあったり、そもそもキーワードとは関係のないことが書いてあったり…これではユーザーから評価される記事にはなりません。

タイトルで書かれている事と、記事の内容をリンクさせることが一番です。

この記事であれば、『ブログ記事 書き方 テンプレート』が狙ったキーワードで、『ブログ初心者でもできる!ブログ記事書き方テンプレート』というタイトルにしています。

その上で、ブログ初心者の方でも分かりやすいように、記事のテンプレートを画像で作って表示して、そのパート事に解説をする形にしました。

こうすれば、記事のタイトル通りにブログ記事の書き方テンプレートを提示できていますし、初心者の方でも目視でイメージしやすく、分かりやすい記事構成となっています。

 

見出しの設定手順

これは好みが分かれると思いますが、僕の場合は記事を書く前に見出し(記事の構成)をある程度決めてから記事を書きだします。

見出しの洗い出しをするのポイントと流れは以下の3つ。

  1. キーワードからユーザーの悩みを調査
  2. ライバルサイトから見出しを調査
  3. オリジナル観点を追加

まずは記事のキーワードが決まったら、そのキーワードを使って検索をするユーザーが何に悩んでいてどんな答えを求めているのかを調査しましょう。

悩みを抱えている人がそばに居れば聞くのも良いですし、Yahoo!知恵袋などのQAサイトを見るのも効果的。

2つ目はライバルサイトの見出しを調査しましょう。上位表示しているライバルサイトがどんな見出しを使っているのか?出来れば10位までのサイトを調査して見出しを抜き出します。

それをまとめて被っている部分を削除するだけでもオリジナルな記事構成(見出しが出来上がります。)

それに対して、自分が体験したことや思った事、オリジナリティ性をプラスαしていくイメージです。

 

まとめ

記事のまとめ部分も読まれるブログ記事では重要なパートです。

”終わりよければすべてよし”と昔から言われていますが、これはブログ記事でも同じことが言えます。

たとえ、記事本文でどれだけ良い事を伝えていたとしても、この終わり部分が無かったり、ボヤっとしているとユーザー満足度は上がりません。

記事まとめで意識する2つのポイント
  • 復習させる
  • 内部リンク・広告の設置

 

復習させる

また、人は想像している以上に忘れっぽい生き物です。なので、記事本文で伝えたことでも記事の後半にくると忘れているケースも。

ですから、記事で伝えた大事な部分ももう一度伝えたり、番号なしリストなどで箇条書きにして復習してもらうこともとても大切です。

そうすれば「ああ、そうだったな!」ともう一度答えを納得してもらえるのです。

 

内部リンク・広告

また、記事のまとめ部分では、他の関連記事へのリンクや広告を設置するのも忘れないでください。

広告のクリック率やリンクを踏んでくれる確率は記事の後半が圧倒的に高いのです。

なぜなら、その記事に納得して信頼関係が築けているから。記事を最後まで読んでくれたという事は、少なからずあなたの文章から得たことがあり、納得している部分があるはずです。

そうなると、信頼関係が生まれるので紹介した広告をクリックしたり、内部リンクから他の記事を読んでくれる可能性も高くなります。

あなたも経験があると思いますが、知りたいことが知れて納得した状態だと、そのブログの他記事も読んでみたくなりませんか?

逆に、記事の冒頭部分から広告が沢山はってあって、記事も答えがどこに書いてあるのか分からない…こんな状態では広告をクリックするどころか即効で離脱して他のブログを探すはずです。

 

まとめ部分のテンプレート

この記事では『ブログ初心者でもできる!ブログ記事の書き方テンプレート』をテーマに、お届けしましたが参考になりましたか?

初心者でも読まれるブログ記事を書くためのテンプレートは以下の通りでしたね。

  • 記事タイトル
  • 導入部分
  • 目次一覧
  • 記事本文
  • まとめ

これを意識して書くだけで、ブログ記事作成の時間短縮になるだけではなく、読まれる記事を書くことができますよ。

また、以下の記事ではさらに高度なユーザー心理を使って無意識のうちに行動させるセールスコピーライティングのテクニックを解説していますので、併せてどうぞ!

>>内部リンク

 

最後に

今回の記事では、『ブログ初心者でもできる!ブログ記事の書き方テンプレート』をテーマに解説しました。

ブログ初心者でも、以下のブログ記事テンプレートに沿って記事を書けば、ユーザーから読んでもらえる記事を書くことが出来ます。

また、テンプレート(型)を持っておくと、記事作成の時間短縮にも役立つので、是非活用してみて下さいね♪

 

 

でっちん 公式メールマガジン

2 件のコメント

  • こんにちは。
    お邪魔します。harutoと申します。
    ブログ記事のテンプレートは参考になりました。
    ご指摘されている「文字数増やすためにずらずら周り功徳書いている・・・」
    これ、あります!
    無駄、というより、不要ですね。
    見直して、行こうと思います。
    ありがとうございました!

    • harutoさん
      こんにちは。

      参考になってよかったです。
      型を知っているとかなり記事作成が
      楽になるので、是非!

      また、コメントお待ちしていますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です