初心者でも迷わない!ブログ記事の書き方絶対ルール8選を公開!


 

この記事では『初心者でも迷わない!ブログ記事の書き方絶対ルール8選を公開!』をテーマにお届けします。

 

今回は以下の3ステップ構成となります!

 

まずは、STEP1として、ユーザーから評価されるブログ記事を書くために必要な基本的な考え方(心構え)からご紹介。

STEP2では、ブログアフィリエイトで月に100万円以上を稼ぎ出すトップアフィリエイターだけが知っている、記事のテンプレート(型)を公開します。

次にSTEP3の本題では、”読まれるブログ記事の書き方10のテクニック”について、実例を交えながら具体的に解説します!

最後がSTEP4の最終チェックです。記事を公開前にしっかりとチェックをしないと誤字脱字だらけの状態で公開する可能性が…しかも、公開直後にもチェックしたいポイントが存在しています。

お好きな場所から読みたい場合は、以下の目次リンクをクリックしてください♪

 

お好きな場所からご覧下さい

売れるブログ記事を書く5つの決まりとは?

ブログ,放置,アフィリエイト,稼ぐ

具体的なテクニックをご紹介する前に、商品がバカ売れするブログ記事を書くための5大ルールをご紹介します。

この考え方を持っておかないと、この後ご紹介するテクニックも正しく使うことができないのでしっかりと理解しておきましょう。

5つの決まり
  1. 狙うキーワードを決める
  2. ターゲットを決める
  3. 「なぜ」「なに」「どうやって」「今すぐ」
  4. コンテンツの充実度
  5. アクセスデザインは無視!

 

狙うキーワードを決める

まず、ブログ記事を書く前に決めるべき一番大事なコト、それは”狙うキーワードを決める”ということです。

初心者がアフィリエイトで稼げるブログネタ・キーワードを探す方法【保存版】」で詳しく解説している通り、僕たちが行っているブログはビジネスですから、アクセスを集めて報酬を発生させなければいけません。

そのために必要なのは、検索需要があるキーワードで上位表示をしてアクセスを集めるコト。

それには、キーワードをしっかりと決めてからブログ記事を書き始める必要があります。

この大前提を間違ってしまうと、いくら良質な記事を更新し続けてもアクセスは集まりませんから、稼げません。

 

ターゲットを決める

どんな人に何を伝えるのか?

これを明確に決めておく必要があります。ペルソナとも言いますが、その記事のターゲットを鮮明にイメージできるくらい明確に決めておきましょう。

その上で、

  • そのペルソナがどんな悩みを抱えていて
  • どんな場面でこのキーワードを使い検索をするのか
  • 悩みを解決してどんな未来を手に入れたいのか

などを考えていくのです。

なぜ、ペルソナを明確に決める必要があるのか?というと、ユーザーに刺さる文章を書くためです。

多くの人に届けたい、多くのアクセスを集めて稼ぎたい!という欲望が垣間見れると、それが文章に乗り移ります。

すると、誰に届けたい文章なのかが分からない文章となってしまうので、誰にも刺さらないブログ記事になってしまうのです。

ユーザーが記事を読み進めてくれる大きな要因の一つに「自分に関係のある記事だ!」と思ってもらうことにあります。

逆に、「自分には関係のない話だな」と思われたら一瞬で離脱されてしまいます。

 

「なぜ」「なに」「どうやって」「今すぐ」を意識

売れるブログ記事には、ある流れが存在しています。

これは、セールスコピーライティングの世界では有名なのですが、この方に沿って文章を書くだけで、初心者が書いた記事であっても”売れる”記事に早変わりします。

その流れこそ、「なぜ」→「なに」→「どうやって」→「今すぐ」という順番に沿って記事を書くのです。

では、ダイエットサプリを紹介する記事の具体的な例を出して解説しましょう。

「なぜ」:ダイエットではカロリー制限が必須です。なぜなら、摂取カロリーより消費するカロリーが少なければ避けな脂肪が体内に溜まって肥満になってしまうからです。

「なに」:そこでおすすめなのが、無理をしない食事制限でダイエットをすること。この記事でご紹介しているダイエットサプリなら、ダイエットで不足しがちな栄養成分が豊富で、かつ満腹感を得られるので辛い食事制限でダイエットに挫折してしまう!という女性でもどんどん成功しています。

「どうやって」:ダイエットサプリを普段のダイエット期間にとい入れるだけ。適度な運動と食事の合間に飲めば、空腹感が紛れて無駄なカロリーを摂取しないで済みますし、栄養成分が豊富なので肌荒れなどの副作用もなく、無理をしないダイエットなので、リバウンドの心配もありません。

「今すぐ」:公式サイトでは、期間限定で半額セールを今月末まで実施しています。この機会にダイエットサプリで無理なくダイエットを成功させて、魅せる体を手に入れちゃいましょう♫

 

コンテンツの充実度

結局は、ユーザー満足度を高める、これが全てです。

ユーザーが知りたい答えをしっかりと提示してあげて、かつ補足情報など有益な情報も伝える。

これでユーザーが満足すれば、ブックマークしたり(外部リンク獲得)、SNSでシェアをしたり(外部リンク獲得)、記事をじっくり読んだり(滞在時間アップ)、他の関連記事も読んだり(PV数アップ)、こうやってブログが評価されていくのです。

これが、ユーザーにとって全く価値のないブログ記事ばかりだとしたら?

評価されるわけありませんよね?

だから、売れるブロク記事を書くために一番大切なのは、ユーザーにとって有益な記事かどうか?ということです。

ユーザーに評価されればGoogleからも評価されるので、検索エンジンにおいて自然と上位表示ができるようになってきます。

 

アクセス・デザインを無視

稼げない人の特徴に”アクセスやデザインを必要以上に気にする”というものがあります。

まずアクセスについてですが、独自ドメインの場合は1日1記事良質な記事を投稿し続けてようやく3か月目にアクセスが集まりだすイメージです。

キーワードによっては半年以上かかることもザラ。

ですから、最初の3か月間はアクセス解析など見る必要が無いのです。が、しかし初心者の方に限って成果を焦るばかりにアクセス解析を必要以上にチェックしたりします。

また、サイトのデザイン(特にPCサイトの見た目)を気にし過ぎて、新しいテーマを購入してみたり…。

デザインもアクセスには基本関係ないので、気にする必要はないのです。

特に、現在はPCサイトよりもスマホサイトの需要が高いので、PCサイトの見た目を気にすること自体がナンセンス。

それなら、スマホ表示した時に表示がおかしくなっていないか?をチェックした方が良いです。

 

盗用OK!読まれるブログ記事テンプレート

 

読まれるブログ記事には、あるテンプレート(型)が存在しています。

その型通りに記事を書けば、誰にでも読まれる記事は書けるんです。その型はこちら。

1から記事の構成を考えるのではなく、上記の型に沿って構成していく。もちろん、本文中の見出しはキーワード毎に代わってきますが、大枠の記事構成はこれでOK。

ブログ記事のテンプレートについては『ブログ初心者でもできる!ブログ記事の書き方テンプレート』こちらの記事で詳しく解説しているので、併せてどうぞ!

 

読まれるブログ記事の書き方絶対ルール8選

 

タイトルは記事の”顔”

ブログ記事において、一番重要な部分の一つが記事のタイトルです。

なぜなら、検索エンジンで上位表示をさせるため(SEO対策)には、タイトルを意識しなければいけないからです。

意識するポイントは以下の3つ。

  1. キーワードを含める
  2. 32文字以内に収める
  3. 検索ユーザーが興味を持つ

 

詳しくは『ブログの記事タイトルでSEO対策!クリック率アップの実例も公開!』こちらの記事で解説をしているので、参考にしてみて下さい。

 

目次で分かりやすい構成を意識

500文字程度でおわる記事ならハナシは別ですが、1000文字を超えるような記事の場合は目次の設定が必須です。

本でも必ず目次があるように、ブログ記事にも目次を設置して記事の構成を考えていく必要があります。

目次設定時の3ポイント
  1. 記事の概略を伝える
  2. 読みたい箇所へ飛べる
  3. 小見出しで読みやすさを意識

 

1.記事の概略を伝える

目次の一番の目的は、ユーザーに対して記事の概略を伝えること。

要するに、「この記事ではこんなことを書いていますよ!」ということを知らせる役目があります。

これにより、ユーザーは自分が知りたい情報が記事に書いてあるかを一目で知ることができます。

 

2.読みたい箇所へ飛べる

もう一つ、目次を設定しておくことで、読みたい場所へ飛んでいくことができます。

ユーザーは答えを求めてブログに訪れるので、その答えが書いてある場所にいち早くたどり着きたいと考えています。

なので、目次で記事の概要をチェックすることができれば、その答えの場所を見つけてリンクをクリック、答えが書いてある見出しへ飛ぶことができます。

ワンポイント
記事内の目次を設定するには、プラグインがおすすめです。これなら、すべての記事に対して目次を設定できますし、見たい場所へのリンクも自動で挿入してくれます。

 

3.小見出しで読みやすさを意識

見出しには、見出し1(H1)、見出し2(H2)、見出し3(H3)、見出し4(H4)・・という感じで細かく分類しています。

基本的に、本文で使用する見出しは見出し2(H2)からで、その下に見出し3(H3)、見出し4(H4)・・・という形で使用します。

見出し2(H2)を大見出し、見出し3(H3)、見出し4(H4)を小見出しという呼び方をします。

 

この記事を例に出すと、以下のイメージです。

見出し2(大見出し)で、「目次で分かりやすい構成を意識」することの重要性を伝えています。

そして、その重要性をさらに細分化したのが、見出し3(小見出し)の3つです。

小見出しを使わないと、メリット3つを全て1つの見出し内で書かなければいけないので文字量も多くなります。

これを3つに分割することで文字数も抑えられて、主張したいこと毎に小見出しを設定して分かりやすくなります。

見出し間の文字数が多くなりすぎると、ユーザーは読んでいて疲れてしまいます。

できれば、見出し間の文字数は500文字以内に抑えた方がいいでしょう。

 

”超”分かりやすい文章を書く

次に意識したいブログ記事の書き方テクニックは、できるだけ分りやすい言葉を使って記事を書くということ。

専門家になればなるほど、素人には分からない難しい言葉や横文字を使いたがりますが、これは絶対に避けましょう。

難しい、理解できない言葉やキーワードが記事の中に多ければ多いほどユーザーは読む気をなくします。

逆に、説明されていることが分かりやすかったり、説明されている場面が鮮明にイメージできる文章であればスラスラと読み進めてくれます。

分りやすい文章を書くときに意識したいことは以下の通り。

分りやすい文章の3ポイント
  • 小学生でも理解できる文章を書く
  • なぜ?を考えさせない
  • 例え話でイメージさせる

 

小学生でも理解できる文章を書く

分りやすい文章で意識してほしいのは、小学6年生が読んでも理解できる文章かどうか?ということ。

あなたが書いたブログ記事を小学生が読んだ時、内容を理解できていればOK。逆に、理解できない箇所が多ければ改善の余地があります。

先ほどもお伝えした通り、ユーザーは分かりにくい、何を説明しているのか分からないと感じた時点で離脱します。

そういう意味だと、難しい漢字や横文字、専門用語を使わないということが大切。

もし使うのであれば、それはどういったことなのか?を分かりやすく解説してあげましょう。

 

なぜ?を考えさせない

小学生にもわかる文章を書くという意味だと、「なぜ?」を考えさせないという意識も大切です。

例えば、「ダイエットには運動も大切です!」という主張があるとします。

これだけで終わっていると「なぜ、運動が大切なの?」という疑問が残るので「ダイエットには運動も大切です。なぜなら、摂取したカロリー以上を消費しなければ余計な脂肪となるからです。」という形で解説をします。

さらに、「なぜ、消費しないと脂肪になるの?うんちで出ないの?」という形で別の「なぜ?」が出るかもしれないので、それも予測して解説してあげましょう。

要するに、何かを主張する時には、ユーザーの「なぜ?」を事前に予測して書いてあげることが重要です。

記事を読み終わった時に、疑問が一つも残っていない状態の記事を目指すべきです。それがユーザーの求めている記事だからです。

疑問が完全に解消された状態とは、ユーザー満足度が最も高まっている状態だと言えます。

 

例え話でイメージさせる

小学生でもわかることば、なぜ?を考えさせない文章を書くのに一番効果的な方法こそ”例え話を使う”ということです。

もう少し詳しく解説をすると、”ターゲットが分かりやすい例え話を使って説明する”です。

例えば、このサイトのメインターゲットは会社員の30代後半男性、子供がいて関東の郊外に一軒家で35年ローン、年収は420万でお小遣いは月2万円という設定です。

そのターゲットに対して、今よりも収入を増やしたいなら副業でネットビジネスを始めるのが最適で、その為には付き合う人間を変える必要があるという話を主張するとしましょう。

あなたと同じように、5年前までの僕は中小企業に勤めるサラリーマンで会社に依存した社畜SEでした‥。だけど子供が生まれ、激務で体を壊した時に会社に依存することの恐ろしさを知り、自分の力で稼ぐ=副業をというビジネスを学びました。でも、最初から上手くは行きませんでした。教材を買ったはいいけれど、少しやっては結果が出ずに「この教材が悪い」と人のせいにばかりしていました。今考えると、副業をビジネスとして考えられなかったのでしょう。そんな時に、ある方のコンサルを受けて一緒に学ぶ仲間の存在が出来てから、一気に結果がでるようになったんです。ビジネスで結果が出ていない人の一番の理由こそ、環境を変えていないから。付き合う人間を変えていないからです。よく”周りにいる人間10人を平均した年収に自分もなる”と言いますがあれはその通りです。何故なら、年収400万円の会社の同僚と付き合っている状態では、年収1000万円の人がどうやって行動しているかは分かりません。だから行動もしないし、そもそも行動したところで1000万円かせげるようになるとも思えないのです。だからこそ…。

とまぁ、ちょっと長くなりましたが、こんな感じでリアルな例え話を散りばめながら語ることでイメージしやすくなりますよね?

自分も会社員だった、ネットビジネスを始めたけど結果がでるまでに時間がかかった…これで共感してもらい、コンサルを受けて環境を変えることで結果を出せた、会社の同僚と付き合っていては‥という例え話を交えながら主張したいコトの根拠を説明しています。

これを読んでいるあなたが、会社員の場合はより鮮明にイメージができると思います。

例えば、ターゲットが主婦なのであれば主婦が普段体験している日常で起こっていること、学生であれば学生の日常、それぞれのターゲットに合わせて例え話を変えて説明してみましょう。

その為にも、大切なのが、この記事の冒頭でもお伝えした”ターゲット”を明確に決めておくことです。

そうしないと、例え話もぼやけてしまい、刺さる文章を書くことが出来なくなってしまいますから。

 

”リズム”を意識した文章を書く

文章を読み進めてもらうには、リズムを意識することが大切。しかし、初心者の方にリズムを意識した文章を書いてください!と言っても難易度が高くなりますよね。

そこで、以下の3ポイントを意識するだけでテンポが良い記事を書くことが出来ますよ。

テンポが良い文章の3ポイント
  1. 適度な改行を入れる
  2. 1行の長さは30文字以内
  3. 同じ語尾を継続させない

 

適度な改行を入れる

文章書く時に意識したいのは適度な改行、ランダムな空白行を入れることです。

例題があったほうが分かりやすいと思いますので、まずは以下をご覧ください。

改行なしの例

あなたと同じように、5年前までの僕は中小企業に勤めるサラリーマンで会社に依存した社畜SEでした‥。だけど子供が生まれ、激務で体を壊した時に会社に依存することの恐ろしさを知り、自分の力で稼ぐ=副業をというビジネスを学びました。でも、最初から上手くは行きませんでした。教材を買ったはいいけれど、少しやっては結果が出ずに「この教材が悪い」と人のせいにばかりしていました。今考えると、副業をビジネスとして考えられなかったのでしょう。そんな時に、ある方のコンサルを受けて一緒に学ぶ仲間の存在が出来てから、一気に結果がでるようになったんです。ビジネスで結果が出ていない人の一番の理由こそ、環境を変えていないから。付き合う人間を変えていないからです。よく”周りにいる人間10人を平均した年収に自分もなる”と言いますがあれはその通りです。何故なら、年収400万円の会社の同僚と付き合っている状態では、年収1000万円の人がどうやって行動しているかは分かりません。だから行動もしないし、そもそも行動したところで1000万円かせげるようになるとも思えないのです。だからこそ…。

 

改行ありの例

あなたと同じように、5年前までの僕は中小企業に勤めるサラリーマンで会社に依存した社畜SEでした‥。

だけど子供が生まれ、激務で体を壊した時に会社に依存することの恐ろしさを知り、自分の力で稼ぐ=副業をというビジネスを学びました。

 

でも、最初から上手くは行きませんでした。

教材を買ったはいいけれど、少しやっては結果が出ずに「この教材が悪い」と人のせいにばかりして…。今考えると、副業をビジネスとして考えられなかったのでしょう。

 

そんな時に、ある方のコンサルを受けて一緒に学ぶ仲間の存在が出来てから、一気に結果がでるようになったんです。

ビジネスで結果が出ていない人の一番の理由こそ、環境を変えていないから。付き合う人間を変えていないからです。

 

よく”周りにいる人間10人を平均した年収に自分もなる”と言いますがあれはその通りです。

何故なら、年収400万円の会社の同僚と付き合っている状態では、年収1000万円の人がどうやって行動しているかは分かりません。

だから行動もしないし、そもそも行動したところで1000万円かせげるようになるとも思えないのです。だからこそ…。

 

どちらの方が読みやすいですか?恐らく、改行ありの方が見やすいと思います。

改行だけではなく、適度に空白行を入れるのも大切なこと。

なぜなら、改行と空白行をいれることで文章に区切りが出来るので、テンポよく読み進めることができるからです。

文章の中で区切りを意識しながら、改行や空白行を入れていきましょう。

ワンポイント
空白行を入れるタイミングですが、改行が3つか4つ続いたら1つ空白行を入れるイメージで良いと思います。(1行の長さは30文字前後がベスト。)多くのケースでは、4行程度あれば1つの事を説明し終わるので、そのタイミングで空白行を入れて次の説明に入った方が良いですね。 

 

1行の長さは30文字を意識

改行と似てはいますが、文章の1行の長さは30文字程度が妥当です。妥当というか、それくらいが読んでいて心地よい長さだという事です。

1行の長さが短すぎても、長すぎてもユーザーは疲れてしまいます。

短すぎる例

あなたと同じように、5年前までの僕は中小企業に勤めるサラリーマンでした。

会社に依存した社畜SEでした‥。

だけど子供が生まれて気付きました。

激務で体を壊した時に会社に依存することの恐ろしさを。

だから、自分の力で稼ぐ=副業をというビジネスを学びました。

でも、最初から上手くは行きませんでした。

そして教材を買いました。

でも、少しやっては結果が出ずに「この教材が悪い」と人のせいにばかりしていました。

 

長すぎる例

あなたと同じように、5年前までの僕は中小企業に勤めるサラリーマンで会社に依存した社畜SEをしていたんですが、子供が生まれ、激務で体を壊した時に会社に依存することの恐ろしさを知り、自分の力で稼ぐ=副業をというビジネスを学びました。

でも、最初から上手くいったわけではなく、教材を買ったはいいけれど、少しやっては結果が出ずに「この教材が悪い」と人のせいにばかりいたんですが…今考えると、副業をビジネスとして考えられなかったのでしょう。

 

丁度よい例

あなたと同じように、5年前までの僕は中小企業に勤めるサラリーマンで会社に依存した社畜SEでした‥。

だけど子供が生まれ、激務で体を壊した時に会社に依存することの恐ろしさを知り、自分の力で稼ぐ=副業をというビジネスを学びました。

 

でも、最初から上手くは行きませんでした。

教材を買ったはいいけれど、少しやっては結果が出ずに「この教材が悪い」と人のせいにばかりして…。

今考えると、副業をビジネスとして考えられなかったのでしょう。

 

どの文章が読みやすいでしょうか?

特にスマホで表示した時、3つ目の適度な改行があり、文章の長さを意識した文章が読みやすく感じたのではないでしょうか。

このように、

  • 改行
  • 空白行
  • 1行の長さ

を意識するだけで、かなりテンポよく読める文章を書くことが出来るようになります。

 

語尾を連続させない

最後に、文章の語尾を連続した同じものにしないということを意識しましょう。

以下の例題をご覧ください。

「~した。」が連続

あなたと同じように、5年前までの僕は中小企業に勤めるサラリーマンで会社に依存した社畜SEでした‥。

だけど子供が生まれ、激務で体を壊した時に会社に依存することの恐ろしさを知り、自分の力で稼ぐ=副業をというビジネスを学びました。

 

でも、最初から上手くは行きませんでした。

教材を買ったはいいけれど、少しやっては結果が出ずに「この教材が悪い」と人のせいにばかりしていました。

今考えると、副業をビジネスとして考えられなかったことが原因でした。

なんか違和感がありませんか?読んでいて疲れますよね。

理由は簡単で、語尾が全て同じ終わり方をしているからなんです。

これは以下のように修正してみます。

 

語尾修正版

あなたと同じように、5年前までの僕は中小企業に勤めるサラリーマンで会社に依存した社畜SEだったんです。

だけど子供が生まれ、激務で体を壊した時に会社に依存することの恐ろしさを知りました。

そして、、自分の力で稼ぐ=副業をというビジネスを学び、死ぬ気で行動を開始。

 

でも、最初から上手くは行きませんでした。

教材を買ったはいいけれど、少しやっては結果が出ずに「この教材が悪い」と人のせいにばかりして…。

今考えると、副業をビジネスとして考えられなかったんです。

こうすることで、リズムが出てテンポよく読み進めることが出来ますよね?

語尾が最高ても2回までしか同じものを続けない、違う終わり方はできないか?を意識して記事を書くようにしましょう。

 

文字装飾で”大事な部分”を強調

ブログ記事では大事な部分や強調したい部分など、適度な文字装飾を意識することも大切です。

太字背景色を変える文字サイズを変更するなど、ユーザーに対してアピールしたい部分を装飾してあげましょう。

文字装飾をする時に意識したいポイントは以下の3つ。

テンポが良い文章の3ポイント
  1. 適度な文字装飾を意識
  2. Googleにアピール
  3. ユーザーにアピール

 

適度な文字装飾を意識

文字装飾が必要といっても、過度な文字装飾はNGです。

赤・青・黄色・紫などなど、様々な色を使って装飾をする方がいますが、やり過ぎには注意しましょう。

理由は単純で、目がチカチカすること、何が重要なのかが分からなくなることです。

文字装飾の目的は、大事なポイントを分かりやすくするため。

文章の中で大事な部分はそれほど多くないですから、ユーザーに対して本当に伝えたい部分だけをピンポイントで装飾するようにしてください。

 

Googleにアピール

文字装飾をする意味の一つがGoogleに対してアピールすることにあります。

記事タイトルや見出しにキーワードを入れるなど、検索エンジン(Google)を攻略するSEO対策は沢山ありますが、その中の一つが文字装飾になります。

本文中のキーワードを太字にしたり、文字サイズを変更することで、検索エンジンにこの記事で何が書かれているのかをアピールできます。

過度な装飾でアピールし過ぎるのはNGですが、自然な流れでキーワードの文字を装飾してGoogleにアピールするのは効果的です。

 

ユーザーにアピール

検索エンジンにアピールするのと似ていますが、ユーザーに対して大事な部分をアピールするという目的もあります。

ユーザーは記事を最初から真面目には読みません。基本的には流し見で読むケースがほとんどです。

ですから、流し見でもパッと目に入るように、文字装飾でアピールすることで、大事な部分=答えの部分をユーザーに対して提示することが出来るようになります。

そうすれば、そこで立ち止まって記事をしっかりと読み進めてもらえるきっかけにもなるので、ユーザーが一番必要としている答えの部分などを文字装飾で協調しておきましょう。

 

文字装飾のワンポイント
文字装飾は、以下の3つを見出しの中で1つ使うイメージでOKです!

  • 太字
  • 背景色変更
  • 文字サイズ変更

それぞれを組み合わせても大丈夫ですが、見出しの中で強調する部分は基本1か所にしましょう。

 

画像を適度に使用する

ブログ記事には画像が欠かせません。

何故なら、画像を使うことで説明したい場面をイメージしてもらいやすくなるから。

思えておいて欲しいのですが、文章だけでユーザーに何かを説明するのはとても難しことなんです。

その説明を分かりやすくする効果の一つとして、画像を使ってイメージさせることになります。

画像を使うことで得られる効果
  1. アイキャッチ画像でイメージさせる
  2. 本文の画像でイメージさせる

 

アイキャッチ画像でイメージ

ブログ記事の画像で忘れてはいけないのが、アイキャッチ画像です。

トップページの記事一覧やカテゴリー記事一覧で表示される記事にアイキャッチ画像がないと、なんとも寂しい感じになってしまいます。

記事のイメージができる画像をアイキャッチ画像で設定しておくだけで、その記事に対するイメージがガラッと変わります。

また、画像を少し加工して、文字などを入れるとよりイメージがしやすいアイキャッチ画像になるのでおすすめです。

▼アイキャッチ画像のイメージ▼

本文も画像でイメージ

本文でも画像を使っていきましょう。

文章だけだと伝えたいことが伝わらないので、適度に画像を挿入してユーザーが想像しやすい状況を作ってあげることが大切です。

 

内部リンクで”宣伝”せよ

最後にご紹介するブログ記事を書くテクニックですが、内部リンクの設置です。

内部リンクとは、自分のブログ内の別記事へのリンクを貼り付けること。

内部リンクを貼り付ける記事は、貼り付ける記事の関連記事にしましょう。

例えば、ブログ記事について解説している記事であれば、コピーライティングの記事だったり、ブログを立ち上げる方法だったり、アフィリエイトに関する記事だったり、その記事に訪れたユーザーが興味がある記事を内部リンクとして貼り付けてあげましょう。

記事数をある程度増やさないとだめ。

内部リンクを設置する意味
  1. 滞在時間アップ
  2. PV数アップ

 

滞在時間アップ

内部リンクを設置することで得られる効果の一つ目が、滞在時間のアップです。

訪れたユーザーがブログに滞在した時間が長ければ長いほど、SEO効果があります。

ちょっと考えれば分かりますが、訪れて速攻で離脱するユーザーが多いブログと、じっくり記事を読んで滞在時間が長いユーザーが多いブログがあったとしたら、どちらがユーザーから評価されていると思いますか?

当然後者のブログです。

ですから、多くのブログ記事を読んでもらって滞在時間を増やすことは検索エンジンを攻略する上で効果的だと言えます。

 

PV数アップ

滞在時間アップと同様に、PV数アップも上位表示を狙ううえで重要なポイントの一つです。

1ページだけで離脱するよりも、他の記事まで読んでくれた方が、ユーザー満足度が高いと判断されます。

これら2つの効果を狙うためにも、内部リンクで関連記事へユーザーを誘導するのは必須の作業だと言えます。

 

記事公開前のチェックポイント

ブログ記事を書き終わったら公開ですが・・その前にチェックしてほしいポイントがあります。

記事公開前のチェックポイント
  1. 声を出して読む
  2. 記事をシェアする

 

読み返し(無駄な文章をなくす)

記事の最終チェックは欠かせない作業です。

特に一気に書き上げた記事は誤字脱字が多く、不要な文章もかなり残っていて、文章のつながりが変な箇所も見つかるはずです。

それらをチェックして修正する作業を記事公開前に設けましょう。

記事チェックのやり方でおすすめなのが、声を出して読むこと。

声を出さずにチェックするのと、声を出してチェックするのでは擬似脱字に気づく回数も歴然の差なので是非お試しください。

 

記事を書いたら宣伝する

ブログを更新したら、SNSを使って宣伝しましょう。

おすすめなSNSは、Twitter、Facebookページ、Google+の3つ。あとは、ブックマークサイトである、楽天ソーシャル、はてなブックマークでブックマークしておくのもいいですね。

また、メルマガやLINE@の読者がいるなら、そこでの宣伝も欠かさず行いましょう。

自信を持って公開した記事を宣伝するんですから、ユーザーにとっても価値がある情報です。

自然な形での外部リンクを獲得することにもつながりますし、公開直後に一定数のユーザーを呼び込むことができるのでINDEXのスピードも早めることができます。

 

まとめ

いかがでしたか?

初心者でも迷わない!ブログ記事の書き方絶対ルール8選を公開!』をテーマにお届けしました。

 

ユーザーから評価される(読まれる)ブログ記事を書くには、今回ご紹介した10個のルールを守る必要があります。

また、記事でお伝えした通り、ブログの記事を書くときに大事なことは以下の3つ。

 

  • 売れるブログ記事を書く5つの決まりとは?
  • 盗用OK!ブログ記事の型(テンプレート)を公開
  • 読まれるブログ記事の書き方絶対ルール8選

 

1つ目の決まり=心構えを知り、型の存在を頭で理解して、ルール8選を守り記事を書く。

これができれば、初心者の型でもユーザーから評価を受ける記事を書くことが出来ます。

是非、何度も読み返してユーザーに価値を提供できるブログ記事を書いていきましょう!!

 

この記事を書いたあなたにおすすめな記事

でっちん 公式メールマガジン

1 個のコメント

  • Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    >そのペルソナがどんな悩みを抱えていて
    >どんな場面でこのキーワードを使い検索をするのか
    >悩みを解決してどんな未来を手に入れたいのか

    繰り返し想像して

    記事を作成します。

    ポチ、しました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です